コンテンツにスキップ

イギリス中世~ルネサンス期の作曲者不詳の作品集(WOVEN)(ウィルデ・ローゼズ)

¥2,330
SKU 5065002149602 / RCD1061

発売:2020年10月

入荷時に通知する

イギリスの中世からルネサンス期の作曲者不詳の音楽集

歌手、マルチ・インストゥルメンタリスト、作曲家、研究家のアンナ・タムが率いる古楽アンサンブル、ウィルデ・ローゼズ(Wilde Roses)による、イギリスの中世からルネサンス期の作曲者不詳の音楽を集めたアルバム「WOVEN(織物)」。
この時代の音楽は、縦糸として民俗的な伝統、伝承が対位法的に織り込まれた織物のようなもので、そのイメージがアルバムタイトルにも表れています。1100年代から1600年代末まで、そしてヘンリー1世からチャールズ2世までを旅するこのプログラムは、素晴らしい音楽のタイムマシンといえるでしょう。
東京エムプラス

品番:RCD1061
レーベル:Rubicon
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年10月下旬

《曲目》
WOVWN ~ イギリス中世~ルネサンス期の作曲者不詳の作品集

Nota (13世紀 イングランド)
Deo Gracis Anglia (1415年 イングランド)
Edward Llwyd (17世紀 ウェールズ)
Omnia Vincit Amor (愛はすべてに打ち勝つ)(16世紀 スコットランド)
Agnus Dei (アニュス・デイ)(12世紀 イングランド)
Ar Ne Kuth Ich Sorghe Non (Formerly I knew not sorrow) (13世紀初頭 イングランド)
Ar Ne Kuth Estampie (アンナ・タム作曲)
Kat Godeu (The Battle of the Tree) (アンナ・タム作曲、14世紀中葉 ウェールズ「The Book of Taliesin」より)
The Willow Song (柳の歌)(1600年頃 イングランド)
I Will Give My Love An Apple (恋人にリンゴを)(アンナ・タム編曲、1906年 イギリス民謡)
Verbum Patris Humanatur (父の言葉は人となり給う)(12世紀 イングランド)
The Broom of Cowdenknows (17世紀初頭 スコットランド/イングランド)
Danger Me Hath, Unskylfuly (15世紀 イングランド)
My Lady Carey's Dompe (1528年 イングランド)
To Drive the Cold Winter Away (プレイフォード「イングランドのダンシング・マスター」1651年初版より)
Stanes Morris - Italian Rant - Nonesuch - Indian Queen (プレイフォード「イングランドのダンシング・マスター」1651年/1657年/1659年の各版より)

《演奏》
ウィルデ・ローゼズ
〔アンナ・タム(ソプラノ、ニッケルハルパ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ハーディ・ガーディ、打楽器)
エミリー・ベインズ(メゾ・ソプラノ、リコーダー、パイプ)
アーンゲール・ハウクソン(リュート、ギターン、打楽器)〕

Wilde Roses
Woven