コンテンツにスキップ

Tactus

  • マルチェッリ、モッツァーニ、ムニエル:マンドリンとギターのための作品集(デュオ・ジギオッティ・メルランテ)
    ¥2,420
    Tactus

    マルチェッリ、モッツァーニ、ムニエル:マンドリンとギターのための作品集(デュオ・ジギオッティ・メルランテ)

    TC860003 /2020年07月

    セルジオ・ジジョッティとファビアーノ・メルランテによるマンドリンとギターのデュオ。19世紀後半から20世紀にかけてマンドリンや様々な楽器のヴィルトゥオーゾ、教師、ディレクターなどとしてイタリアの...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:2本のヴァイオリンのためのソナタ集 Op.9 (1684)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:2本のヴァイオリンのためのソナタ集 Op.9 (1684)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632207 /2020年07月

    イタリコ・スプレンドーレによるヴィターリ・エディション、最終巻となる第6巻は、2本のヴァイオリンと通奏低音のための12のソナタ Op.9。こちらは印刷譜の形では現存しておらず、一部には激しい損傷...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:様々なソナタ集 Op.11 (1684) (6つの楽器のためのフランスとイタリアの様々なソナタ集)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:様々なソナタ集 Op.11 (1684) (6つの楽器のためのフランスとイタリアの様々なソナタ集)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632206 /2020年07月

    イタリコ・スプレンドーレによるヴィターリ・エディション第5巻は、シンフォニアと10の組曲からなる6声のソナタ集 Op.11。バッレッティ、カプリッチ、ガヴォッテ、ジーグ、ボレー、ゾッパ、サラバン...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:ソナタ集 Op.5 (1669) (2つ、3つ、4つ&5つの楽器のためのソナタ集)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:ソナタ集 Op.5 (1669) (2つ、3つ、4つ&5つの楽器のためのソナタ集)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632205 /2020年07月

    エステ宮廷に仕えた17世紀イタリアの作曲家G.B.ヴィターリの作品集!イタリア、ボローニャの老舗レーベル「Tactus」が贈る、G.B.ヴィターリの作品を掘り起こしていくという興味深い録音プロジ...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:パルティータ集&ヴァイオリン・ソナタ Op.13 (1689)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:パルティータ集&ヴァイオリン・ソナタ Op.13 (1689)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632204 /2020年07月

    イタリコ・スプレンドーレによるヴィターリ・エディション第3巻は、1680年頃に作曲されたパルティータ集と《Artificii Musicali》からの2つのヴァイオリン・ソナタ。パルティータ集は...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:2本のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 Op.2 (1682)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:2本のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 Op.2 (1682)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632203 /2020年07月

    イタリコ・スプレンドーレによるヴィターリ・エディション第2巻は、2本のヴァイオリンが親密な対話を繰り返す、2本のヴァイオリンのためのソナタ集。その後コレッリのトリオ・ソナタ集やヴィヴァルディによ...

  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:室内ソナタ集 Op.14 (1692)(イタリコ・スプレンドーレ)
    ¥2,420
    Tactus

    ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィターリ:室内ソナタ集 Op.14 (1692)(イタリコ・スプレンドーレ)

    TC632202 /2020年07月

    エステ宮廷に仕えた17世紀イタリアの作曲家G.B.ヴィターリの作品集!イタリア、ボローニャの老舗レーベル「Tactus」から、G.B.ヴィターリの作品を掘り起こしていくという興味深い録音プロジェ...