コンテンツにスキップ

モーツァルト:交響曲第41番(2台ピアノ版)(ジャン=ミシェル・デイエ&ハンス・リッケリンク)

¥2,620
規格番号 KTC1778
    各種クレジット,Paypay,キャリア決済,銀行振込がご利用いただけます
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPay
  • d Barai
  • au Kantan Kessai
  • Softbank
  • Generic


「魔笛」序曲と「ジュピター」のアレンジを含む、モーツァルトの2台ピアノ作品!
2台の並行弦ピアノ(クリス・マーネ製作)を使用!
透き通るようなサウンドで、モーツァルト作品の2台ピアノ・リダクションを堪能!

魅惑的で寛大、純粋で無邪気。モーツァルトの創造的天才性と芸術的本質に迫るために、2台のピアノでモーツァルトの傑作を再創造するアルバム。モーツァルトが得意とした3つの音楽形式、オペラ、交響曲、ソナタの作品を含んだプログラムで、オリジナルの2台ピアノ・ソナタに、多くのバッハ・トランスクリプションでも知られるフェルッチョ・ブゾーニの編曲による「魔笛」の序曲、ベートーヴェンやブラームス、シュトラウスの交響曲・交響詩を含む多くのピアノ編曲を遺したオットー・ジンガー(2世)の編曲による「交響曲第41番 《ジュピター》」の2台ピアノ版をカップリング。
注目ポイントは、これまでEt’ceteraレーベルのいくつかのアルバムでも使用されてきた、オランダの名工クリス・マーネ製作の平行弦ピアノ(Straight Strung Concert Grand)を贅沢に2台使用しているところ。2015年にダニエル・バレンボイムが弾いて話題となり、バレンボイムの2017年以降の録音や2021年の来日公演でも使用されたというピアノで、一般的なグランド・ピアノのように弦が交差しておらず、フォルテピアノやチェンバロのようにすべて平行に張られており、フォルテ・ピアノとモダン・ピアノの特徴を併せ持った独特のサウンドを響かせます。
ジャン=ミシェル・デイエはブリュッセル王立音楽院やパリ国立高等音楽院等で学び、現在リール音楽院で教えるフランスのピアニスト。ハンス・リッケリンクはモンス王立音楽院(ベルギー)の教授を務め、ジョンゲンを中心とする約15枚のCDで評価されてきたベルギーの名ピアニストです。

東京エムプラス


品番:KTC1778
レーベル:Et'cetera
フォーマット:1枚組 CD
発売日:2023年11月30日

《曲目》
モーツァルト:
2台ピアノのためのソナタ ニ長調 K.448
歌劇 《魔笛》 K.620より 序曲(フェルッチョ・ブゾーニ編)
交響曲第41番ハ長調 K.551 《ジュピター》(オットー・ジンガー編) 

《演奏》
ジャン=ミシェル・デイエ(ピアノ)
ハンス・リッケリンク(ピアノ)

Mozart: Works for two pianos
Jean-Michel Dayez, Hans Ryckelynck

Barcode: 8711801017785