コンテンツにスキップ

エセル・スマイス:ミサ曲ニ調(サカリ・オラモ)

¥2,450
SKU 095115524022 / CHSA5240

発売:2019年09月

入荷時に通知する

話題沸騰中のサカリ・オラモ第3弾!
スマイスの「ミサ曲」!

サカリ・オラモは、2015年にロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティの「コンダクター・オヴ・ザ・イヤー」を受賞したフィンランド出身の名指揮者。現在、BBC交響楽団の首席指揮者に加え、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者&アーティスティック・アドヴァイザー、オストロボスニア室内管弦楽団(フィンランド)の首席指揮者、フィンランド放送交響楽団の名誉指揮者を務めています。

2013年の首席指揮者就任以降、知られざる近現代作品の発掘、演奏に積極的に取り組み、着実に関係を深めてきたオラモとBBC交響楽団。Chandosでは、「フロラン・シュミットの交響曲第2番(CHSA 5200)」、「シベリウスのレンミンカイネン組曲(CHAN 20136)」といったあまり録音のなかった稀少なプログラムで優れたレコーディングを続け、レコード芸術特選盤、英グラモフォン誌「エディターズ・チョイス」など圧倒的な評価を獲得してきました。同コンビ期待の新録音は、19世紀後半の女性作曲家の偉大な先駆者であり、デイムの称号を叙された最初の女性作曲家、また著名なサフラジェット(女性参政権運動家)としても知られるエセル・メアリー・スマイス(1858-1944)の「ミサ曲ニ調」。スマイス唯一の大規模宗教作品であり、教会ではなくコンサートホールのために作曲されたニ長調とニ短調のミサ曲です。4人の独唱と合唱団によってミサの典礼文が歌われますが、第2曲「グローリア」は、作曲者の指示によって「キリエ」の後(2番目)ではなく、最後に配置されています。BBC Cardiff Singer of the World 2017を受賞しているカトリオーナ・モリソンを始め、スザンナ・ハレル、ベン・ジョンソンら若手有望シンガー4人による優れた独唱陣も注目です。
東京エムプラス

品番:CHSA5240
レーベル:Chandos
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2019年09月下旬

《曲目》
エセル・スマイス:ミサ曲ニ調

歌劇《難船略奪者》への序曲
ミサ曲ニ調(独唱、合唱と管弦楽のための)*

《演奏》
サカリ・オラモ(指揮)
BBC交響楽団
BBC交響合唱団*
スザンナ・ハレル(ソプラノ)*
カトリオーナ・モリソン(メゾ・ソプラノ)*
ベン・ジョンソン(テノール)*
ダンカン・ロック(バリトン)*

《録音》
2019年1月26日ー27日、ワトフォード・コロッセウム

Dame Ethel Smyth: Mass in D
Sakari Oramo, BBC Symphony Orchestra and Chorus