コンテンツにスキップ

アイアランド:管弦楽作品集(ジョン・ウィルソン)

10%オフ
元の価格 ¥2,960
現在の価格 ¥2,660
規格番号 CHSA5293
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり
  • American Express
  • JCB
  • Mastercard
  • Visa

PayPay

入荷時に通知する

著しい躍進を続けるジョン・ウィルソン&シンフォニア・オヴ・ロンドン!名手たちの流麗なサウンドと技巧が炸裂するイギリスの印象主義、アイアランドの管弦楽作品集!

2度のBBCミュージック・マガジン賞受賞(「レスピーギ:ローマ三部作」〔RCHSA5261/CHSA5261〕と、「コルンゴルト:交響曲嬰ヘ調」〔RCHSA5220/CHSA5220〕)や、2021年のBBCプロムスでの初コンサートの世界的な評価で著しい躍進を続けるジョン・ウィルソンと、彼が再結成したシンフォニア・オヴ・ロンドン。優美なストリングスのサウンドで魅せた前作「メタモルフォーゼン」(RCHSA5292/CHSA5292)に続く2022年3枚目のリリースは、19世紀末~20世紀のイギリス音楽史に名を刻む作曲家、ジョン・アイアランドの管弦楽作品集!

ブリテンの師としても知られるジョン・アイアランドはとりわけ室内楽曲やピアノ曲、歌曲などの分野で小~中規模な作品を多く残した作曲家。古典的なドイツ音楽の語法と、ドビュッシーやラヴェルといった印象主義の影響に加え、しばしば訪れていたチャンネル諸島の景観からもインスピレーションを受けた"イギリス印象主義音楽"とも称される独自の作風は、斬新さを感じさせながら親しみやすさも併せ持ち、現在もイギリス国民に愛されています。ジョン・ウィルソンは2007年にもハレ管弦楽団を率いてアイアランドの管弦楽作品集(Halle, CDHLL7523)を録音していますが、ジョン・ウィルソン自身のさらなる進化と、シンフォニア・オヴ・ロンドンの流麗なサウンドによって今回の録音ではより一層アイアランド作品の真髄を味わえることでしょう。
東京エムプラス


品番:CHSA5293
レーベル:Chandos
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2022年06月15日

《曲目》
ジョン・アイアランド(1879-1962):
サティリコン序曲(1946)
ダウンランド組曲(1932)(ブラス・バンドのための/弦楽版編曲:ジョン・アイアランド〔第2、第3楽章〕&ジェフリー・ブッシュ〔第1、第4楽章〕)
管弦楽のための交響的狂詩曲 《マイ=ダン》(1920-21)
管弦楽のための前奏曲 《忘れられた儀礼》(1913)
ロンドン序曲(1936)(管弦楽のための)
降誕のキャロル 《聖なる少年》(1913)(ピアノのための前奏曲/弦楽オーケストラ版編曲:ジョン・アイアランド)
エピック・マーチ(1941-42)

《演奏》
ジョン・ウィルソン(指揮)
シンフォニア・オヴ・ロンドン

《録音》
2021年8月26日-28日
セント・オーガスティン教会
(キルバーン、ロンドン)

Ireland: Orchestral Works
Sinfonia of London, John Wilson

Barcode: 095115529324