コンテンツにスキップ

シマノフスキ&パデレフスキ:ヴァイオリン・ソナタ集(アリョーナ・バーエワ)

取寄不可
¥2,280
規格番号 NIFCCD075
3営業日以内に発送可能: Translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 現在取寄不可
    各種クレジット,Paypay,キャリア決済,銀行振込がご利用いただけます
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPay
  • d Barai
  • au Kantan Kessai
  • Softbank
  • Generic


レコード芸術2021年12月号 海外盤Review特選(小宮正安氏)
仙台国際音楽コンクール(2007年ヴァイオリン部門と2010年ピアノ部門)で優勝したアリョーナ・バーエワとヴァディム・ホロデンコのデュオ!グァルネリ1738 "ex-William Kroll"で弾く、ポーランドのヴァイオリン・ソナタ集!
アリョーナ・バーエワは、1985年カザフスタン(当時はソ連)生まれ、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール(2001)、パガニーニ・モスクワ国際コンクール(2004)、仙台国際音楽コンクール(2007)で優勝。ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018にも出演し、2019年2月にはパーヴォ・ヤルヴィ指揮の下、NHK交響楽団と初共演も果たし、世界で注目を浴びている次世代のヴァイオリニストの一人です。1986年ウクライナ生まれのヴァディム・ホロデンコは、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(2013)を始め、マリア・カラス国際ピアノコンクール(2004年)、仙台国際音楽コンクール(2010)などで優勝してきた俊英ピアニスト。ともに仙台国際音楽コンクールを制し、コンサートやレコーディングでも長く共演してきたバーエワとホロデンコの充実のデュオによる新録音。
NIFCでの前作「カルウォヴィチ:ヴァイオリン協奏曲」(NIFCCD067)に引き続き、シマノフスキ&パデレフスキという濃厚なポーランド・プログラムを1738年製の銘器グァルネリ・デル・ジェス"ex-William Kroll"の音色で贈ります。
東京エムプラス

品番:NIFCCD075
レーベル:NIFC
フォーマット:1枚組 CD
発売日:2021年09月30日

《曲目》
カロル・シマノフスキ(1882-1937):
ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.9
神話 Op.30

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ(1860-1941):
ヴァイオリン・ソナタ イ短調 Op.13

《演奏》
アリョーナ・バーエワ(ヴァイオリン)
ヴァディム・ホロデンコ(ピアノ)

《録音》
2020年12月8日-10日
ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・コンサート・スタジオ
(ポーランド、ワルシャワ)

Szymanowski & Paderewski: Violin Sonatas
Alena Baeva, Vadym Kholodenko

Barcode: 5906395034659