コンテンツにスキップ

ピエモンテの真珠 ~ 18世紀イタリアのヴァイオリン音楽(エンリコ・ガッティ)

¥1,680
規格番号 GCDC80018
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

バロック・ヴァイオリンの神様であり、ヴァイオリンの詩人、エンリコ・ガッティ。名盤中の名盤として親しまれ続けている「17世紀後半イタリアのヴァイオリン芸術」(GCD 921206)の続編となる、18世紀イタリア、ピエモンテ楽派のヴァイオリン音楽をエンリコ・ガッティが奏でた名盤が遂に復活!18世紀イタリア、トリノのサヴォア宮廷に集った音楽家たち。ピエモンテ楽派の創始者と伝わるジョヴァンニ・バッティスタ・ソミス、弟のロレンツォ・ソミス、そしてジャルディーニやプニャーニなど、18世紀のイタリアにおいてヴァイオリン芸術を発展へと導いた重要な音楽家たちの「ソナタ」を、エンリコ・ガッティの艶やかで豊潤なヴァイオリンで ――!
東京エムプラス

品番:GCDC80018
レーベル:Glossa Cabinet
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2015年06月18日

《曲目》
ピエモンテの真珠 ~ 18世紀イタリアのヴァイオリン音楽

ジョヴァンニ・ロレンツォ・ソミス(1688-1775):ソナタ イ短調 Op.1-1
ジョヴァンニ・バッティスタ・ソミス(1686-1763):ソナタ ハ長調 Op.6-4
ガスパーレ・ジュゼッペ・キアブラーノ(1725-1802):ソナタ第3番 ヘ長調
フェリーチェ・ジャルディーニ(1716-1796):ソナタ第2番 ト長調 Op.31
ジョヴァンニ・バッティスタ・カナヴァッソ(1713-1784):ソナタ第2番 ニ短調
ガエターノ・プニャーニ(1731-1798):ソナタ 変ロ長調 Op.6-1

《演奏》
エンリコ・ガッティ(ヴァイオリン)
アントニオ・モスカ(チェロ)
ジョルジオ・タバッコ(チェンバロ)

《録音》1992年1月、サン・キアーラ教会(ブラ、イタリア)

Perle del Piemonte/Gatti(vn), Mosca(vc), Tabacco(cemb)

Barcode: 8424562800182