コンテンツにスキップ

カルロ・Gの手稿譜 ~ 17世紀初期の技巧的典礼音楽(プロフェティ・デッラ・クィンタ)

¥1,980
規格番号 GCD922516
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

近年発見された謎の手稿譜、"Carlo G Manuscript" を歌う!。
イスラエルのガリラヤ地方で結成され、スイスの古楽総本山バーゼル・スコラ・カントルムで古楽唱法に磨きをかけたヴォーカル・アンサンブル、「プロフェティ・デッラ・クィンタ」が、Glossaとバーゼル・スコラ・カントルムのコラボレーション企画 "Glossa SCB Series"。約15年前にウィーンのジャンブル・セール(がらくた市)で60ユーロで売られた「カルロ・Gの手稿譜(Carlo G Manuscript)」は、有名なカルロ・ジェズアルドと同時代ではあるが、性が判読不明なため正しい作者がわからず、多くの謎を抱える手稿譜。エラム・ロテム率いるプロフェティ・デッラ・クィンタはこの手稿譜の音楽に同時代の作品を組み合わせ、17世紀初期の典礼音楽を伝える貴重な資料として演奏しています。
東京エムプラス

品番:GCD922516
レーベル:Glossa
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2017年04月20日

《曲目》
《カルロ・Gの手稿譜》 ~ 17世紀初期の技巧的典礼音楽

《演奏》
プロフェティ・デッラ・クィンタ
〔ペリーヌ・デヴィレ(ソプラノ)
ドロン・シュライファー(カウンターテナー)
オリ・ハーメリン(キタローネ)〕
エラム・ロテム(オルガン、音楽監督)
ゲスト:プラメナ・ニキタソヴァ(ヴァイオリン)
イェルク=アンドレアス・ベティヒャー(オルガン)

《録音》
2016年4月&5月、聖エウセビオ&ヴィットーレ教会(イタリア)

The Carlo G Manuscript / Profeti della Quinta, Elam Rotem(org, dir)

Barcode: 8424562225169