コンテンツにスキップ

ギュスターヴ・シャルパンティエ:ローマ賞のための音楽(エルヴェ・ニケ)

¥3,380
規格番号 GCD922211
    各種クレジット,Paypay,キャリア決済,銀行振込がご利用いただけます
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPay
  • d Barai
  • au Kantan Kessai
  • Softbank
  • Generic


ドビュッシー(GCD 922206)サン=サーンス(GCD 922210)と続いてきたフランスの鬼才エルヴェ・ニケの野心作「ローマ賞のための音楽」。鬼才エルヴェ・ニケが取り上げるローマ賞に縁の深い3人目の作曲家は、ギュスターヴ・シャルパンティエ(1860-1956)。

パン職人の家庭に生まれたシャルパンティエは、リール音楽院、パリ音楽院へと着実にステップアップを果たすものの、ヴァイオリンの師と対立し退学という結果に。その後、ジュール・マスネが指導するパリ音楽院の作曲家に再入学したシャルパンティエは一気にその才能を開花させ、1887年にはカンタータ「ディドン」でローマ賞を獲得という大成功を収めることになる。ローマ滞在中に代表作となる「イタリアの印象」や「詩人の生涯」を作曲するなど、作曲家としての名声を高めていったシャルパンティエだったが、1913年頃を境に作曲活動を中断し隠遁生活に入ったため、その数少ない作品は貴重な存在となっている。"マルカントワーヌ・シャルパンティエ"の音楽を得意とするフランス・バロックの鬼才エルヴェ・ニケがモダン・オケを振っての"ギュスターヴ・シャルパンティエ"の作品集。前2作以上に話題を呼びそうだ。
東京エムプラス


品番:GCD922211
レーベル:Glossa
フォーマット:2枚組 CD
発売日:2011年

《曲目》
ローマ賞の音楽 ~
ギュスターヴ・シャルパンティエ:
交響詩《イタリアの印象》
カンタータ《ディドン》
交響劇《詩人の生涯》/ミルテの祝祭

《演奏》
エルヴェ・ニケ(指揮)
ブリュッセル・フィルハーモニック
フランダース放送合唱団
ベルギー・ギィデ交響吹奏楽団
マノン・フーベル(ソプラノ)
サビーヌ・ドヴィエイル(ソプラノ)
エレーナ・ボフジェヴィチ(アルト)
ジュリアン・ドラン(テノール)
ベルナール・リヒター(テノール)
マルク・バラール(バリトン)
アラン・ブエ(バリトン)

《録音》
録音:2011年6月、ブリュッセル&アントワープ

Charpentir - Music of the Prix de Rome/Niquet(cond)、Brussel Philharmonic、Flemish Radio Choir

Barcode: 8424562022119