コンテンツにスキップ

Vol.62 グノー:ペダル・ピアノとオーケストラのための作品全集(ロベルト・プロセッダ)

¥1,980
規格番号 CDA67975
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

ロマンティック・ピアノ・コンチェルトVol.62!
今度は"ペダル・ピアノ"の協奏曲!
ロマン派の知られざるピアノ協奏曲の発掘、蘇演を行うハイペリオンの「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ」。シリーズ第62集は、なんとオルガンのように足用の鍵盤のついた"ペダル・ピアノ"のための協奏曲。リストやシューマン、アルカンなどがこのペダル・ピアノのための作品を書いているが、演奏・録音されることは珍しく、この録音も貴重なものとなるだろう。
歌劇《ファウスト》やバッハの「平均律クラヴィーア曲集」前奏曲第1番をアレンジした《アヴェ・マリア》などで有名なフランスのオペラ作家、シャルル・グノー(1818-1893)。アルカンに並び、ペダル・ピアノのための作品をいくつも書いたグノーの、「ペダル・ピアノとオーケストラのための作品」の全集。4曲とも、1885年から1889年にかけて作曲されたグノー晩年の作品である。
今回使用されたのは、オリジナルのペダル・ピアノではなく、2012年にクラウディオ・ピンチとロベルト・プロセダが考案した"ピンチ・システム"によるペダル・ピアノ。なんと、2台のスタインウェイを合体させてペダル・ピアノ化してしまうという驚愕のシステム。Hyperion初登場となるイタリアのピアニスト、ロベルト・プロセダは、ピンチ・システムの共同設計者であるとともに、シューマン、ボエリ、アルカンなどの作品、そしてエンニオ・モリコーネ、マイケル・ナイマンなどが彼のために書いたペダル・ピアノ作品をレパートリーとするペダル・ピアノの第一人者。「2台のスタインウェイ」を見事に操り、重厚華麗な協奏曲を聴かせてくれる。
東京エムプラス

品番:CDA67975
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2013年10月上旬

《曲目》
グノー: ペダル・ピアノとオーケストラのための作品全集
協奏的組曲イ長調
ペダル・ピアノ協奏曲変ホ長調
ロシア国歌による幻想曲
ルーマニア舞曲

《演奏》
ロベルト・プロセダ(ペダル・ピアノ)
ハワード・シェリー(指揮)、スイス・イタリアーナ管弦楽団

《録音》
2012年10月24日-26日、オーディトリオ・ステリオ・モーロ(スイス)

The Romantic Piano Concerto, Vol. 62 - Gounod
Roberto Prosseda (pedal piano), Orchestra della Svizzera Italiana, Howard Shelley (conductor)

Barcode: 034571179759