ジェレンスキ:ピアノ協奏曲Op.60、ザジツキ:ピアノ協奏曲Op.17、グランド・ポロネーズ~ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.59(ジョナサン・プロウライト)

¥1,580
SKU 034571179582 / CDA67958

発売:2013年03月

クーポン情報:ロマンティック&クラシカル・コンチェルト・シリーズ(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)から3点以上のご注文で10%オフクーポン
concerto1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。

入荷時に通知する

歴史に埋もれたロマン派の知られざるピアノ協奏曲を巡る旅、ハイペリオン(Hyperion)のロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ。
シリーズ第59集の舞台は19世紀のポーランド! 東欧のピアノ音楽のスペシャリスト、ジョナサン・プロウライトが弾くヴワディスワフ・ジェレンスキ(1837-1921)&アレクサンデル・ザジツキ(1834-1895)!

ワルシャワ音楽院の教師、ワルシャワ音楽協会の芸術監督、クラクフ音楽アカデミーの院長を歴任し、19世紀のポーランド・ロマンティシズムの中心的役割を担ったジェレンスキ。
1903年に完成した「ピアノ協奏曲変ホ長調Op.60」は、若き日のイグナーツ・フリードマンに献呈され翌年初演が行われた大作である。

ザジツキは、ジェレンスキの同世代で、ベルリンでピアノを学び、パリではライネッケとルベルから作曲を学んだポーランド人コンポーザー=ピアニスト。
1859年から60年にかけて作曲された「グランド・ポロネーズ変ホ長調Op.7」、同時期に完成し、ロシアの大ピアニスト、ニコライ・ルビンシテインに捧げられた2楽章形式の「ピアノ協奏曲 変イ長調 Op.17」の2作品も、ショパン後のポーランドのピアノ作品を知るための貴重な音楽と言えるだろう。

ポーランドのピアノ作品のエキスパート、ジョナサン・プロウライトとコンビを組むのは、ポーランドが輩出した若き名匠ウカシュ・ボロヴィチ。
2007年にはポーランド放送響の首席指揮者に抜擢されるなど、今最も注目を集める若手指揮者の1人である。
東京エムプラス

品番:CDA67958
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2013年03月中旬

《曲目》
ジェレンスキ:
ピアノ協奏曲 変ホ長調 Op.60(世界初録音)
ザジツキ:
ピアノ協奏曲 変イ長調 Op.17、グランド・ポロネーズ 変ホ長調 Op.7(世界初録音)
《演奏》
ジョナサン・プロウライト(ピアノ)、ウカシュ・ボロヴィチ(指揮)、BBCスコティッシュ交響楽団
《録音》
2012年6月28日-29日、シティ・ホール(グラスゴー)

The Romantic Piano Concerto, Vol. 59 - Zarzycki & Żeleński
Jonathan Plowright (piano), BBC Scottish Symphony Orchestra, Łukasz Borowicz (conductor)