マスネ&アーン:ピアノ協奏曲集~ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.15(スティーヴン・クームズ)

¥1,580
規格番号 CDA66897
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!

発売:1997年04月

クーポン情報:ロマンティック&クラシカル・コンチェルト・シリーズ(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)から3点以上のご注文で10%オフクーポン
concerto1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。


入荷時に通知する

オペラや歌曲で有名なフランスの師弟コンビによる美しいピアノ協奏曲!

《マノン》《タイス》などが有名なオペラ作曲家マスネ唯一の協奏曲は、フランス人らしい美しい旋律と色彩への好みがリスト風のダイナミックな書法とミックスされた、華やかで清涼感たっぷりの作品。冷たい水の流れ、煌めきをイメージさせる第1楽章冒頭のサウンドは多くの人を虜にするはず。さらにトライアングルやスネア、チェレスタが用いられたスラブ風の情熱的な第3楽章が、彼が甘いメロディだけの作曲家でないことを思い知らせてくれます。

アーンはベネズエラ生まれのフランスで活躍した作曲家。アーンはマスネやサン=サーンスに師事しており、中でもマスネは彼を高く評価していました。アーンの協奏曲(マグダ・タリアフェロに献呈)も、師であるマスネのスタイルを受け継ぎ、全編が美しい旋律で満たされた佳品。曲想はマスネ以上にフランス的かもしれません。第3楽章のReverie(夢想)と題された部分はあまりに感傷的で、まるで映画音楽のよう。

ここに収録された2作品は、いずれもフランスらしい流麗な旋律に、淡い響き、そして情熱的なリズムに彩られたロマンティックなコンチェルトです。ヴィルトゥオーゾ的な見せ場もしっかりと盛り込まれており、ピエルネのピアノ協奏曲(CDA 67348)でフランス・ロマンの世界を濃厚に描いたクームズと、フランス音楽のスペシャリスト、オッソンスの組み合わせも聴きごたえ抜群!アーンの冒頭、息をのむように美しい旋律を繊細に弾くクームズはさすがです。
東京エムプラス


品番:CDA66897
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:1997年04月上旬

《曲目》
ジュール・マスネ(1842-1912): ピアノ協奏曲 変ホ長調
レイナルド・アーン(1875-1947): ピアノ協奏曲 ホ長調

《演奏》
スティーヴン・クームズ(ピアノ)
ジャン・イヴ・オッソンス(指揮)、BBCスコティッシュ交響楽団

《録音》
1996年6月15-16日
エグゼクティヴ・プロデューサー:マイケル・スプリング、ジョアンナ・ギャンブル
レコーディング・エンジニア:トニー・フォークナー
レコーディング・プロデューサー:アマンダ・ハートン

The Romantic Piano Concerto, Vol. 15 - Hahn & Massenet
Stephen Coombs (piano), BBC Scottish Symphony Orchestra, Jean-Yves Ossonce (conductor)

Barcode: 034571168975