コンテンツにスキップ

ショパン:ピアノ協奏曲集、練習曲集、室内楽作品集(チェルニー=ステファンスカほか)

10%オフ
元の価格 ¥4,830
現在の価格 ¥4,340
規格番号 ANA018
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 3点在庫あり
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

チェルニー=ステファンスカ、ヴォイトヴィチ、シュピルマンらのショパン録音!

ポーランド音楽出版社による「HERITAGE(遺産)」シリーズ!
戦後のポーランド楽壇を代表する名手たちの貴重なショパン録音を復刻!

1945年にクラクフで設立されたポーランド最大級の音楽出版社「ポーランド音楽出版社(PWM Edition)」が新たに設立したレーベル「Anaklasis(アナクラシス)」によるHERITAGE(遺産)シリーズから、20世紀半ばのポーランドを代表する名ピアニストたちが弾いたショパンの協奏曲、練習曲、室内楽曲という貴重なショパン・ボックスが登場!
第4回ショパン国際ピアノ・コンクールで第1位を獲得したハリーナ・チェルニー=ステファンスカを始め、ワルシャワのフレデリク・ショパン音楽院(現ショパン音楽大学)の楽長も務め、ショパン・コンクールの審査員も度々務めたレギナ・スメンジャンカ、第1回ショパン・コンクールで特別賞を受賞し、その後定期的に審査員も務めたボレスワフ・ヴォイトヴィチ、『戦場のピアニスト』の原作となった回想録を書き、同作の主人公のモデルとしても知られるウワディスワフ・シュピルマン、シュピルマンとともに、ワルシャワ・ピアノ五重奏団として活動したタデウシュ・ヴロンスキやアレクサンデル・チエチャンスキなど、戦後のポーランド楽壇で活躍した名手たちの貴重な録音が、ポーランドの国立公文書館であるナショナル・デジタル・アーカイヴ(NAC/Narodowego Archiwum Cyfrowego)から復刻されています。
東京エムプラス

品番:ANA018
レーベル:Anaklasis
フォーマット:3枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年04月29日

《曲目》
ショパン:
[CD1]
ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11*
ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 Op.21†

[CD2]
12の練習曲 Op.10‡
12の練習曲 Op.25‡

[CD3]
ピアノ三重奏曲ト短調 Op.8§
序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 Op.3#
マイアベーアの歌劇「悪魔のロベール」の主題による協奏的大二重奏曲ホ長調#

《演奏》
ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ(ピアノ)*
レギナ・スメンジャンカ(ピアノ)†
ヴィトルト・ロヴィツキ(指揮)*†
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団*†
ボレスワフ・ヴォイトヴィチ(ピアノ)‡
ウワディスワフ・シュピルマン(ピアノ)§#
タデウシュ・ヴロンスキ(ヴァイオリン)§
アレクサンデル・チエチャンスキ(チェロ)§
ハリナ・コヴァルスカ(チェロ)#

《録音》
1959年*†‡
1960年§
1961年#
ワルシャワ・フィルハーモニック

サウンド・レストレーション&マスタリング:
エヴァ・グジョウェク=トゥベレヴィチ(2021)

Chopin: Piano Works
V.A.

Barcode: 5907795211664