コンテンツにスキップ

ハイドン:交響曲第55番《校長先生》、第103番《太鼓連打》(ウラディーミル・フェドセーエフ&ウィーン交響楽団)

VMS
¥1,880
規格番号 VMS646
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり
  • American Express
  • JCB
  • Mastercard
  • Visa

PayPay

入荷時に通知する

1974年から30年以上にわたり音楽監督&首席指揮者を務めるモスクワ放送交響楽団を率いて、豪快で圧倒的な演奏を繰り広げ続けるロシアの名匠フェドセーエフ。 オーストリアのレーベル"VMS"から、フェドセーエフが1997年から2005年まで首席指揮者を務めていたウィーン交響楽団とのハイドン(!)のライヴ録音が登場! この首席指揮者在任中(1998年&2000年)のハイドンでは、モスクワ放送響、特にロシアものを振る時の"爆演系指揮者"というイメージとは180度正反対のフェドセーエフが指揮を振っており、そのギャップに驚き!ウィーン響から伸びやかなサウンドを引き出し、メリハリを利かせたハイドンは、ウィーンでのフェドセーエフの成果を伝える貴重な録音と言えるだろう。
東京エムプラス

品番:VMS646
レーベル:VMS
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2010年03月01月

《曲目》
ハイドン:交響曲第55番変ホ長調《校長先生》Hob.I-55
交響曲第103番変ホ長調《太鼓連打》Hob.I-103

《演奏》

ウラディーミル・フェドセーエフ(指揮)、ウィーン交響楽団

《録音》
2000年8月&1998年4月、ムジークフェラインザール(ウィーン)でのライヴ録音

Barcode: 9120012236462