コンテンツにスキップ

フレリフス:ピアノ協奏曲第1番&第2番(レンブラント・フレリフス)

¥2,620
規格番号 TTK0088
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

コンポーザー=ジャズ・ピアニスト、レンブラント・フレリフス 自作のピアノ協奏曲を弾く!

オランダのジャズ・ピアニスト&コンポーザー、レンブラント・フレリフスの自作自演コンチェルト!RCOのメンバーによる秀麗なストリングス!

オランダの高音質レーベル「TRPTK」の最新盤は、オランダのジャズ・ピアニスト&コンポーザー、レンブラント・フレリフスの自作自演ピアノ協奏曲集!
1977年ロッテルダム生まれのフレリフスは、ジャズ・ピアニストとして自身のグループを含む様々なアンサンブルに参加し、ユトレヒト音楽院でジャズ・ピアノを教える他、パドヴァ、ロッテルダム、フローニンゲン、アムステルダム、デン・ハーグの音楽院でゲスト講師を務めています。作曲家としては、リザ・フェルシュトマンやアムステルダム・シンフォニエッタなど一流の音楽家から作曲を依頼され、テレビのドキュメンタリーや劇場でもその音楽が使われています。

アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(RCO)の音楽家たちから委嘱され、2021年にフレリフス自身をソリストとして初演されたまったく新しいピアノ協奏曲。「クラシックとジャズは、一般的に考えられているほどかけ離れていない」と語るフレリフスの作品は、ジャズの自由な即興や独特のテンションとリズム、クラシック音楽の語法や流麗なサウンドが自然に融合しています。バックは、カメラータRCOのリーダーでもあるマルク・ダニエル・ファン・ビーメンや、シュターツカペレ・ベルリンのゲスト・コンサートマスターも務めるベンジャミン・ペレドらが主導するアルマ・カルテット(全員がRCOのメンバー)に、RCOの首席コントラバス奏者ドミニク・セルディスといった超一流ストリング・セクションで、ジャズ・ピアノとクラシック音楽の境界を優雅に漂います。
東京エムプラス

品番:TTK0088
レーベル:Trptk
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2022年04月29日

《曲目》
レンブラント・フレリフス:
ピアノ協奏曲第1番
ピアノ協奏曲第2番 《エターナル・ヴァリエイティング・オルタネイションズ》

《演奏》
レンブラント・フレリフス(ピアノ)
マルク・ダニエル・ファン・ビーメン(ヴァイオリン1)
ベンジャミン・ペレド(ヴァイオリン2)
イェルン・ヴァウトストラ(ヴィオラ)
クレモン・ペニエ(チェロ)
ドミニク・セルディス(コントラバス)
フィンセント・プラニエル(パーカッション)

《録音》
2021年12月10日-11日
ベツレヘム教会スタジオ150
(アムステルダム)

Frerichs: Piano Concertos Nos. 1 & 2
Rembrandt Frerichs, Alma Quartet, Dominic Seldis & Vinsent Planjer

Barcode: 7141265818313