コンテンツにスキップ

イントロドゥクティオ Introductio ~ テレマン、C.P.E.バッハ、ボワモルティエ(ポストスクリプト)

¥2,370
規格番号 TTK0045
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

オランダで結成された若き古楽アンサンブル「ポストスクリプト」のデビュー盤!テレマン、CPEバッハなどギャラント様式の多様な作品を探求!

カナダ、アメリカ、ラトヴィア、イギリス出身の若き音楽家たちによって2018年にアムステルダムで結成された古楽アンサンブル「ポストスクリプト」。2018年にドイツのグラウン兄弟コンクールで第1位に輝き、ドイツとオランダでコンサート・シリーズを開催。未知なるレパートリーを探求し、即興演奏を行い、歴史的音源を研究し、ミュージックビデオの製作などにも情熱的に取り組んでいます。ポストスクリプトのメンバーは、欧米やロシア、ウクライナ、日本でソロや室内楽の演奏を行っており、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック、エイジ・オヴ・インライトゥメント管弦楽団、ユトレヒト・ニュー・フィルハーモニー、オランダ・バッハ協会、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、モントリオール交響楽団、コンチェルト・ケルンなどの一流オーケストラ&アンサンブルと多数共演しています。

デビュー・アルバムとなる「イントロドゥクティオ」は、テレマンを中心に、C.P.E.バッハ、ボワモルティエ、クラインクネヒトなどギャラント様式のソナタ、四重奏、コンチェルト、無伴奏ファンタジアなど様々な器楽作品をプログラムしたライヴ。舞踏的な作品から抒情的な音楽まで、多様なギャラントの世界を探求します。


【レーベルについて】
オーディオ・エンジニアのブレンドン・ハインストと音楽プロデューサーのルーク・マイセンによって2014年に創設されたオランダの高音質レーベル「TRPTK」(トリップティック)。ブレンドン・ハインストが開発した最新技術 Optimised Omnidirectional Array(OOA)によって真に正確な音場イメージを創り出すことを目的とし、細やかな息遣いや弓の動き、すべての動作が驚くほどクリアに感じられるようになります。また、微細なディテールを余すことなく保存するために、DXD(Digital eXtreme Definition) 352.8 kHz 32 bit にて録音され、大聖堂のオルガンの巨大なパイプからピッコロフルートの最高音まで、囁くような小さな音からオーケストラの大音響まで、オリジナル演奏のすべてを記録し、美しいコンサートホールや教会にいるような没入感をリスニングルームへお届けします。

東京エムプラス

品番:TTK0045
レーベル:Trptk
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年03月下旬

《曲目》
テレマン:
四重奏曲第2番ホ短調 TWV.43:e3
協奏曲ト短調 TWV.42:g2
無伴奏フルートのためのファンタジア第8番ホ短調 TWV.40:9

C.P.E.バッハ:
トリオ・ソナタ ホ長調 Wq.162

テレマン:
無伴奏ハープシコードのためのファンタジア第1番ニ長調 TWV366:1
チェロ・ソナタ ニ長調 TWV.41:D6

ボワモルティエ:
ソナタ第2番ト短調 Op.28

ヤコプ・フリードリヒ・クラインクネヒト:
トリオ・ソナタ ニ長調 Op.2

《演奏》
ポストスクリプト
〔アイシャ・ウィルズ(トラヴェルソ)
デイヴィッド・ウェストコーム(トラヴェルソ)
オクタヴィー・ベログロフ(ハープシコード)〕

《録音》
(ライヴ)
2019年8月27日
ハールレム・ルーテル教会
(オランダ)

[使用楽器]
Traversi by Fridtjof Aurin-Schutt, Dusseldorf after Johann Heinrich Eichentopf, Leipzig c. 1730-1749
Cello by Johan Melchior Albam, Graz c. 1700
Harpsichord by Titus Crijnen after H. Ruckers, 1624, Grand Ravalement

Introductio
Postscript

Barcode: 7061285201974