コンテンツにスキップ

【ジャズ】オーレ・マティーセン Ole Matthiessen /ソーシャル・ディスタンシング・ブルース

¥2,510
規格番号 STUCD21112
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

デンマーク・ジャズのレジェンド、オーレ・マティーセンの最新リーダー・アルバム!
2020年のパンデミック中に新たに作・編曲されたナンバーを、ボブ・ロックウェルらの精鋭が贈る!
デンマークのジャズピアニスト、オーレ・マティーセン Ole Matthiessen は、1946年7月14日生まれ。作曲家、バンドリーダー、プロデューサーとしても忙しい彼は、2021年に75歳になりました。新作の『Social Distancing Blues』(ソーシャル・ディスタンシング・ブルース)は、「音楽生活が眠りについた」COVID-19 のパンデミックの後を見据え、2021年8月にコペンハーゲンの「The Village Studio」でセッション録音されたアルバムです。1967年のデンマーク放送アマチュア・ジャズ・コンペティションに関連して作曲された《Ikke noget endnu》(まだまだこれから)、デンマークの四季の気分を映す《Careena》(カリーナ)《Summer Breeze》(夏のそよ風)《Autumn Song》(秋の歌)《White and Blue》(白と青)、ユセフ・ラティーフに捧げる《Brother Yusef》とエディー・ハリスのための《Simple Things》、1990年2月、ネルソン・マンデラが27年間収監されていたロベン島から釈放される様子を中継するテレビ放送に触発された《Southafrican Sunrise》(南アフリカの夜明け)、シンプルなメロディとコルトレーン・チェンジズとして知られる和声構造を組み合わせた《Happy Ending》。マティーセンが過去55年の間に書いた、デンマークの歌の伝統とジャズに根ざした13曲をデンマークのジャズシーンで活躍する7人の「ソウルメイト」と一緒に演奏しています。
東京エムプラス

品番:STUCD21112
レーベル:Stunt Records
フォーマット:1CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年03月31日

《曲目》
Social Distancing Blues / Another Me / Surivanoroc / Summer Breeze* / Careena / Ikke noget endnu / Morining Mist / Brother Yusef / Autumn Song / Simple Things** / White and Blue / Happy Ending / Southafrican Sunrise**

《演奏》
オーレ・マティーセン(ピアノ)、ヘンリク・ボルベア(トランペット、フリューゲルホルン)、ヤン・ツム・フォーアデ(アルト・サクソフォーン)、ボブ・ロックウェル(テナー・サクソフォーン)、リス・ヴェスベア(トロンボーン)**、ルーネ・フォウ=ニルセン(ベース)、オーレ・ストレーンベア(ドラム)、エリエル・ラソ(コンガ、パーカッション)*/**
KHenrik Bolberg (tp, flh), Jan zum Vohrde (as), Bob Rockwell (ts), Lis Wessberg (tb), Ole Matthiessen (p), Rune Fog-Nielsen (b), Ole Streenberg (d), Eliel Lazo (perc)

《録音》
録音:2021年8月23日-24日、ザ・ヴィレッジ・スタジオ(コペンハーゲン)

Ole Matthiessen / Social Distancing Blues

Barcode:663993211527