コンテンツにスキップ

天の夜明け(ペンブルック・カレッジ少女合唱団)

¥2,280
規格番号 SIGCD714
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

音楽家としてだけでなく多方面でその才能を開花させている、指揮者アナ・ラップウッド!現代作曲家たちによる新作から知られざる名曲までを披露します。

ペンブルック・カレッジ少女合唱団は、2018年10月に設立されるとすぐにイギリスを代表する少女合唱団として評価されました。11歳から18歳の18人のメンバーで構成されている合唱団は大学のチャペルで週二回歌うほか、大学の合唱団と共に定期的に演奏会を行っています。アナ・ラップウッドはわずか21歳でケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジの音楽監督に就任した指揮者でありオルガン奏者で、ヨーロッパ各地でオルガン・リサイタルを行っています。また司会者としても活躍しており、2020/21のBBCヤング・ミュージシャンや2021年のBBCプロムスに出演しました。このアルバムでは、これまでにあまり録音されていない作品や新しい編曲の作品、新作の初演を含んでおり、現代作曲家の作品を中心にペンブルック・カレッジ少女合唱団の美しい歌声を収録しています。
東京エムプラス


品番:SIGCD714
レーベル:Signum
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年07月上旬

《曲目》
天の夜明け ――

ナディア・ブーランジェ:賛美歌/ジョン・ダンクワース:世界の光/ウェイン・マーシャル:マニフィカト、ヌンク・ディミティス/メンデルスゾーン:イフ・ウィズ・オール・ユア・ハーツ/ハリー・サッカー・バーリー:オー・パーフェクト・ラヴ/ロクサンナ・パヌフニク:慈しみと愛のあるところ/エリック・ウィテカー:ザ・シール・ララバイ/レノックス・バークリー:O That I Once Past Changing Were/リリ・ブーランジェ:ピエ・イエズ/リチャード・シェファード:静かに涙を流しながら/メンデルスゾーン(アナ・ラップウッド編):鳩のように飛べたなら/ジョン・アイアランド:Ex Ore Innocentium/クリスティーナ・アラケリャン:ユー・ノウ・ミー/J.S.バッハ(グノー編):アヴェ・マリア/ベン・ポニア:聖霊への連祷/ジェイムズ・デヴォー:イエスの声を聞いた/ベン・パリー:マニフィカト、ヌンク・ディミティス

《演奏》
ペンブルック・カレッジ少女合唱団、アナ・ラップウッド(指揮)、他

《録音》
2021年7月8日-11日、ペンブローク大学教会、ケンブリッジ(イギリス)

Celestial Dawn
The Pembrole College Girls Choir, Anna Lapwood

Barcode: 635212071427