コンテンツにスキップ

モーツァルト:歌劇 《アポロとヒュアキントス》 K.38(イアン・ペイジ)

¥1,980
規格番号 SIGCD577
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

クラシカル・オペラのモーツァルト第1弾
「アポロとヒュアキントス」が復刻!

モーツァルトのスペシャリスト、イアン・ペイジ&クラシカル・オペラ!
モーツァルト・オペラ・プロジェクトの第1弾となった「アポロとヒュアキントス」がSignumから登場!
11歳の神童モーツァルトが書いたラテン語のオペラ!

モーツァルトとその同世代の作曲家たちの音楽のスペシャリスト、イアン・ペイジが1997年に設立し、イギリスで最もエキサイティングと称されるピリオド楽器使用のオペラ・カンパニー、クラシカル・オペラ。
「ポントの王ミトリダーテ」、「羊飼いの王様」、「ツァイーデ」、「シピオーネの夢」などのレア作品を含めたモーツァルトのオペラ全曲録音完成を目指すプロジェクトの記念すべき第1弾録音となった「アポロとヒュアキントス」のアルバムが、Signum Classicsから登場。

当時11歳(!)だった神童モーツァルトが作曲した3幕のラテン語の叙事詩劇「アポロとヒュアキントス」。クラシカル・オペラは、この若きモーツァルトが書いた2番目の舞台作品を1998年と2006年に上演しており、ヒュアキントスを歌うソフィー・ベヴァンをはじめとしたソリストたち、あのマッケラスも称賛したピリオド・オーケストラがイギリス内外で高く評価されたという実績があります。
東京エムプラス

品番:SIGCD577
レーベル:Signum
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年09月中旬

《曲目》
モーツァルト:歌劇《アポロとヒュアキントス》K.38

《演奏》
クラシカル・オペラ、モーツァルティスツ、イアン・ペイジ(指揮)
アンドルー・ケネディ(オエバルス/テノール)
クララ・エク(メリア/ソプラノ)
ソフィー・ベヴァン(ヒュアキントス/ソプラノ)
ローレンス・ザッツォ(アポロ/カウンターテナー)
クリストファー・エインズリー(ゼフィルス/カウンターテナー)
マーカス・ファーンズワース(アポロの司祭/バリトン)
デイヴィッド・シップレー(アポロの司祭/バス)

《録音》
2011年8月13日-15日
ブラックヒース・ホール(ロンドン)

Mozart: Apollo et Hyacinthus
Classical Opera, The Mozartists, Ian Page

Barcode: 635212057728