コンテンツにスキップ

ハイフェッツへのオマージュ [初回限定生産盤](サルヴァトーレ・アッカルド)

¥2,600
SKU 8012871019656 / SACD196

発売:2020年08月

入荷時に通知する

イタリアの偉大なヴァイオリニスト、サルヴァトーレ・アッカルドがハイフェッツに捧げた、彼のディスコグラフィーを完成させる1枚!パガニーニ作品やロマン派のヴァイオリン協奏曲の演奏で名高いアッカルドが、ハイフェッツの愛奏した小品の数々を歌心に満ちたヴァイオリンで聞かせます。録音はアッカルドと25年以上の付き合いがあるジュリオ・チェーザレ・リッチによってローマの歴史的な建物で行われ、ノイマンU47とM49の伝説的なマイクを使用、マスタリングはFONEレーベルの売りでもあるシニョリッチ・システムを用いて行われました。編集は一切行われていないので、全てのトラックは演奏されたままの状態で聴くことができます。
東京エムプラス

品番:SACD196
レーベル:Fone
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2020年08月13日

《曲目》
ガーシュウィン:
1.「サマータイム」&「女は気まぐれ」
2.「必ずしもそうでない」
3.「ブルースのテンポで」
4.「ベス、お前は俺のもの」
5.「うちの人は逝ってしまった」(1-5. 《ポーギーとベス》より)
6-8.3つの前奏曲
ロバート・ラッセル・ベネット:
9-13.ヘクサポーダ、14.スロー・アンド・ロンリー
15.ロッシーニ
カステルヌオーヴォ=テデスコ:フィガロ(《セビーリャの理髪師》より)
16.グラズノフ:瞑想曲 Op.32
17.プロコフィエフ:行進曲(《3つのオレンジへの恋》より)
18.シューベルト:アヴェ・マリア
19.プーランク:プレスト 変ロ長調
20.フラウシーノ・ロドリゲス・バレ:前奏曲第15番 「かがり火のそばで(Ao pe da Fogueira)」
21.アルベニス:セビーリャ
22.ドビュッシー:美しい夕暮れ
23.プロコフィエフ:仮面(《ロメオとジュリエット》より)
24.アルフテル:ジプシーの踊り
25.リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
26.メンデルスゾーン:歌の翼に

《演奏》
サルヴァトーレ・アッカルド(ヴァイオリン)
ラウラ・マンツィーニ(ピアノ)

《録音》
1997年2月、オラトリオ・デル・ゴンファローネ(イタリア、ローマ)

Omaggio A Heifetz
Salvatore Accardo, Laura Manzini