コンテンツにスキップ

エニグマ~カプースチン、スパンズウィック、ミッチェル、ショパン(根岸由起)

¥2,370
規格番号 QTZ2139
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

【日本語解説付き】
英国在住、ヨーロッパで活躍する根岸由起のニュー・アルバム!カプースチン&ショパンに現代作曲家の世界初録音作を加えたハイセンスなプログラム!
東京生まれ、桐朋学園大学、アムステルダム音楽院、英国王立音楽大学を卒業し、現在はイギリス在住、ヨーロッパでリサイタル、音楽祭、コンクール審査員やマスタークラスなど幅広く活躍するピアニスト、根岸由起のニュー・アルバムが、イギリスのQuartzレーベルからリリース!

クラシック・ピアノの王道であるショパン(子守歌と葬送ソナタ)に、クラシックとジャズの融合を果たしたニコライ・カプースチンのピアノ・ソナタ第1番をカップリングするという意欲的な組み合わせに、現代イギリスのジャズ・ピアニスト、ロバート・ミッチェルが書いた新作「われらの心は無限を踊る(プヤの開花とともに)」、そしてイギリスの女流ピアニストおよび文筆家、教師、作曲家として活動するメラニー・スパンズウィックが根岸由起のために書いた「エニグマ」を挟み込んだハイセンスなプログラム!最後はアンコールのように、ジャズ・ピアノの詩人ビル・エヴァンズ(ビル・エヴァンス)のクラシカルなピアノ作品で締めくくる素敵な構成にも惹かれます。
2020年6月から1ヶ月間、知らざれる女流作曲家の演奏クリップを毎日ソーシャル・メディアで取り上げた「女性作曲家小品シリーズ」が、英「ピアニスト」誌で内田光子、アンジェラ・ヒューイットのリサイタルに並んでTOP5に選ばれるなど、コロナ禍においても独自の目覚ましい活動を続ける根岸由起によるこだわりのニュー・アルバムにご注目ください!
東京エムプラス

品番:QTZ2139
レーベル:Quartz
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年05月31日

《曲目》
ニコライ・カプースチン(1937-2020):ピアノ・ソナタ第1番 作品39「ソナタ・ファンタジー」
メラニー・スパンズウィック(1969-):「エニグマ(謎)」~根岸由起のために~(2019)(世界初録音)
ロバート・ミッチェル(1971-):「われらの心は無限を踊る(プヤの開花とともに)」(2020)(世界初録音)
ショパン:子守歌 変ニ長調 作品57、ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35「葬送」
ビル・エヴァンズ(1929-1980):ピース・ピース

《演奏》
根岸由起(ピアノ)

《録音》
2019年12月14日-15日&2021年6月13日
聖ポール男子校・ワッセンホール(ロンドン)

Enigma
Yuki Negishi

Barcode: 880040213925