歩み~2台のバロックリュートによるドイツ音楽(佐藤豊彦、佐藤美紀)

¥1,980
規格番号 NOSTALGIA0801

発売:2009年05月



入荷時に通知する

『ヴァイヒェンベルガーの音楽』(Nostalgia0401)が『2008年度第46回レコード・アカデミー賞音楽史部門賞』に輝くなど、日本のみならず世界を代表するリュート奏者としての存在感を改めて世に示した佐藤豊彦。
今回新たに自身のレーベル「のすたるぢあ(Nostalgia)」から発表する3枚目のアルバムは、実娘、佐藤美紀との父娘共演によるバロック時代のドイツ音楽集!
大英博物館に所蔵されている手稿譜からの組曲と、モスクワの手稿譜に収められていた二重奏曲は、「リュート」と「ドイツ」を結ぶうえで欠かすことの出来ない偉大な音楽家ヴァイスの確かな足跡。
ほとんど記録が残されておらずドイツ人作曲家のペンネームではないかと推測されるコリニアーニの気品に富んだコンチェルトや、ワルシャワに残されていた手稿譜によるテレマンのポーランド組曲など、2台のバロックリュートが奏でる美しく暖かいドイツ・バロックの音楽が聴き手の心を揺さぶり胸を打つ・・・。
佐藤豊彦は、1968年のバーゼル・スコラ・カントルムに留学し、1971年には世界初となるバロック・リュートによるLPのリリースを行いデビュー。1973年にはハーグ王立音楽院(オランダ)の教授に招聘され2005年1月に退官するまで後進の育成にも尽力するなど、リュート界の第1人者としての称号に相応しい世界規模での活躍を続けています。
この『歩み』がデビュー録音となる佐藤美紀は1989年オランダ生まれ。父から学び受け継いだリュート演奏法と、古楽大国オランダで培った音楽性からは、古楽界の次世代を担う豊かな才能と大きな可能性を確かに感じ取ることが出来るでしょう。またリュートだけでなく弓道と舞踊を追求するなど、ヨーロッパ音楽だけでなく日本の伝統文化に対する深い造詣も持つ才女です。
楽器や弦のコンディション、音響、湿度、気温などの変化も含めて、最良の演奏を徹底的に追求する姿勢は不変。歴史の狭間に埋もれたドイツ・バロックのリュート音楽が佐藤父娘の温かく素晴らしいデュオで甦ります。
東京エムプラス

品番:NOSTALGIA0801
レーベル:Nostalgia
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2009年05月上旬

《曲目》
ヴァイス:組曲 レ短調
コリニアーニ:コンチェルト シ♭長調
ヴァイス:二重奏曲 ソ長調
テレマン:《メランテ氏のポーランド組曲》から
《演奏》
佐藤豊彦(リュート)、佐藤美紀(リュート)
《録音》
2008年9月15-18日 コルンラーデ教会(ドイツ)

使用楽器:11コース・バロックリュート~マルティン・ヴィッテ(デン・ハーグ)2004年製、13コース・バロックリュート~リチャード・バーグ(オタワ)2005年製
使用弦:プレイン・ガット弦~ガムート社製(アメリカ)、ウニヴェルサーレ社製(イタリア/第1弦のみ)

Barcode: 4947182107690