トマシュ・リッテル ~ 第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール・ライヴ(トマシュ・リッテル)

¥1,980
SKU 5906395034352 / NIFCCD634
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り3点です!

発売:2019年05月


入荷時に通知する

ショパン国際ピリオド楽器コンクール・ライヴ!
第1位!トマシュ・リッテル!

2018年9月に記念すべき第1回が開催されピアノ・ファン、古楽ファンなどの間で話題となったショパン国際ピリオド楽器コンクール。同コンクールを運営するポーランド国立ショパン研究所(NIFC)から、待望のライヴ・レコーディング・シリーズが登場。第1弾は、見事優勝を飾ったポーランドの新星トマシュ・リッテル!トマシュ・リッテルは1995年ポーランドのルブリン生まれ。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院では、ピアノをミハイル・ヴォスクレセンスキーに、チェンバロをマリア・ウスペンスカヤに、そしてピリオド・ピアノをアレクセイ・リュビモフに学び、アルトゥール・ルービンシュタイン国際ヤング・ピアニスト・コンクール(ポーランド)をはじめ、サン・セバスチャン(スペイン)、エンスヘーデ(オランダ)、プラハ音楽院(チェコ)など多くの国際コンクールで第1位を受賞しています。リッテルは今回のコンクールで3種のピリオド・ピアノを演奏。最初の2曲で弾いている「フレデリク・ブッフホルツ」は、ワルシャワ時代のショパンが愛用したと言われているポーランドのメーカーで、数々の歴史的ピアノの複製で知られる現代の名工ポール・マクナルティの手によって復元されたレプリカです。
東京エムプラス

品番:NIFCCD634
レーベル:NIFC
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年05月下旬

《曲目》
1.クルピンスキ:ポロネーズ ニ短調
ショパン:
2.ポロネーズ第14番嬰ト短調 Op.posth
3.練習曲第17番ホ短調 Op.25-5
4.バラード第4番ヘ短調 Op.52
5.ポロネーズ第1番嬰ハ短調 Op.26-1
6.ポロネーズ第2番変ホ短調 Op.26-2
7-10.4つのマズルカ Op.33
11-14.ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58

《演奏》
トマシュ・リッテル(ピアノ)
使用楽器:フレデリク・ブッフホルツc.1825-26(2017)(1-2)/プレイエル1842(3-6)/エラール1837(7-14)

《録音》
2018年9月9日&10日、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ポーランド)

The 1st International Chopin Competition on Period Instruments
Tomasz Ritter