ショパンの時代の音楽 ~ クログルスキ&レッセル(ハワード・シェリー)

¥1,980
規格番号 NIFCCD109

発売:2019年05月

入荷時に通知する

ショパンと同時代のポーランドの作曲家
クログルスキとレッセル!

ショパンが生きた時代の音楽を世界に発信する、NIFC(ポーランド国立ショパン研究所)の『ショパンの時代の音楽』シリーズ。HyperionやChandosを含め、ロマン派&古典派の膨大な協奏曲を録音してきた名匠ハワード・シェリーが、ショパンと同時代のポーランドの作曲家、ユゼフ・ウワディスワフ・クログルスキ(1815-1842)とフランチシェク・レッセル(c.1780-1838)が書いたピアノと管弦楽のための作品を録音(レッセルのピアノ協奏曲はNIFCで録音済〔NIFCCD101、NIFCCD103〕)。ワルシャワ音楽院でカロル・クルピンスキらとともに学んだユゼフ・クログルスキの華麗な書法によるピアノ協奏曲。ウィーンでハイドンに音楽を学んだフランチシェク・レッセルの「アダージョとポロネーズ風ロンド」は、ショパンの「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の原型とも考えられている作品です。
東京エムプラス

品番:NIFCCD109
レーベル:NIFC
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年05月下旬

《曲目》
ユゼフ・ウワディスワフ・クログルスキ(1815-1842):ピアノ協奏曲第1番ホ長調
フランチシェク・レッセル(c.1780-1838):アダージョとポロネーズ風ロンド 変ホ長調 Op.9

《演奏》
ハワード・シェリー(ピアノ&指揮)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
使用楽器:スタインウェイ, D 578221

《録音》
2018年8月21日ー22日(クログルスキ)&2010年12月2日(レッセル)、ヴィトルト・ルトスワフスキ・ポーランド放送コンサート・スタジオ(ワルシャワ、ポーランド)

Krogulski: Piano Concerto No.1
Howard Shelley, Sinfonia Varsovia

Barcode: 5906395034239