ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調、他(アッチラ・アルデミル)

GWK
¥4,750
規格番号 GWK145

発売:2020年09月



入荷時に通知する

MDR交響楽団の首席ヴィオラ奏者アルデミル!
伴奏ピアニストは、イタマール・ゴラン!

ライプツィヒのMDR交響楽団の首席ヴィオラ奏者であるアティラ・アルデミルが、ショスタコーヴィチとブラームス、フランクのソナタを組み合わせ、人間の持つあらゆる感情の表現に挑んだ2枚組のヴィオラ・アルバム。アルデミルはヴィオラという楽器について「私のすべての感情を表現するために作られており、その高音域の美しさと、暗く情熱的な低音域に魅了されている」と語っています。ピアノとのデュオ作品では、これまでに製作された中で最も古く、最も美しいヴィオラの一つである1560年製のペレグリーノ・ザネッティを、ソロ作品ではアレクサンダー・ブレトンのモダン・ヴィオラ(2017年製)を使用。トルコの現代作曲家の世界初録音作品も2曲収録されており、最後はヴィオラの名曲が多いことでも知られる19世紀ベルギーの偉大なヴァイオリニスト、ヴュータンの《パガニーニへのオマージュ》で締めくくられます。
東京エムプラス

品番:GWK145
レーベル:GWK
フォーマット:2枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年09月26日

《曲目》
ブラームス:ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調 Op. 120
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調(ヴィオラ編)
ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ Op.147
ネジル・カズム・アクセス(1908-1999):無伴奏ヴィオラのための奇想曲(1978)*
ハリート・トゥルガイ(1967-):無伴奏ヴィオラのためのトローヤ(2018)*
ヴュータン:無伴奏ヴィオラのための奇想曲《パガニーニへのオマージュ》
*世界初録音

《演奏》
アティラ・アルデミル(ヴィオラ)
イタマール・ゴラン(ピアノ)

《録音》
2015年8月&2018年8月

Passion
Atilla Aldemir, Itamar Golan

Barcode: 4260113461457