コンテンツにスキップ

シリル・スミス&フィリス・セリック ~ ピアノ・デュオ録音集1948~1956(シリル・スミス)

¥1,280
規格番号 GHCD3501
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 15点在庫あり
  • American Express
  • JCB
  • Mastercard
  • Visa

PayPay

入荷時に通知する

シリル・スミス&フィリス・セリック
1948年~1956年「4手」時代の貴重な録音!

良質なヒストリカル録音の復刻で知られるGuild Historicalより、イギリスの名夫婦ピアノ・デュオ、シリル・スミス&フィリス・セリックの音源が登場!1950年前後のモーツァルトやラフマニノフの名録音に加え、シリル・スミスの左手が動かなくなる直前、1956年4月にモスクワでレコーディングされたバックス&ミヨーというレア・レコーディングも収録。その後は「3手のためのピアノ・デュオ」としても活躍したスミス&セリックですが、このバックスとミヨーは「4手」で弾いた二人の最後の録音です。ラフマニノフ以外の音源は初CD化。
東京エムプラス

品番:GHCD3501
レーベル:Guild Historical
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2018年07月26日

《曲目》
モーツァルト:
2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448
〔録音:録音年不詳、ロンドン/発売:1954年(Columbia 33SX1018)〕
J.S.バッハ(メアリー・ハウ編曲):
羊は安らかに草を食み(カンタータ第208番「楽しき狩こそわが悦び」 BWV.208より)
〔録音:1951年11月2日、ロンドン/オリジナル発売:1951年(Columbia DX 1806[78rpm])
再発売:1959年(Columbia SCD 2105[45rpm])~こちらから修復〕
ラフマニノフ:2台のピアノのための組曲第2番ハ長調 Op.17
〔録音:1948年11月9日-10日、ロンドン(Columbia DX 1675/77)〕
アレンスキー:
ワルツ(2台のピアノのための組曲第1番 Op.15より)〔録音:1951年11月2日、ロンドン/オリジナル発売:1951年(ColumbiaDX 1806[78rpm])
再発売:1959年(Columbia SCD 2105[45rpm])~こちらから修復〕
バックス:
2台のピアノのためのトーン・ポエム 《幸せな平野》
〔録音:1956年4月、モスクワ(Aprelevski Plant 003150)〕
ミヨー:
2台のピアノのための組曲 《スカラムーシュ》 Op.165b〔録音:1956年4月、モスクワ(Aprelevski Plant 003151)〕

《演奏》
シリル・スミス(ピアノ)
フィリス・セリック(ピアノ)

《録音》
1948年-1956年
リマスタリング:ピーター・レイノルズ、レイノルズ・マスタリング/ADD/MONO

Cyril Smith & Phyllis Sellick - Works for Piano 4 hands

Barcode: 5065002170019