コンテンツにスキップ

ラモー:オペラ=バレ 《エベの祭典》(パリ、1739)(ジュルジ・ヴァシェジ&オルフェオ管弦楽団)

¥4,830
規格番号 GCD924012
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

オペラ=バレの代表作の1つ「エベの祭典」。2ヴァージョンの「第2幕」を収録した全曲録音!バロック・オペラの名手シャンタル・サントン=ジェフリーを始めとした豪華なメンバー!

ハンガリー古楽界の奇才ジュルジ・ヴァシェジとオルフェオ管弦楽団&パーセル合唱団によるフランス・バロックの最新録音は、ラモーのオペラ=バレ《エベの祭典》です。この作品は二つの悲劇、つまりは《ダルダニュス》と《カストールとポリュックス》の間の時期に作曲され、当時70回以上も上演され成功をみたものの、今日ではあまり陽の目をみない作品となってしまいました。しかし、その音楽はラモー特有の色彩的で洗練されたオーケストレーションに支えられ、牧歌的な魅力あふれるものとなっており、今回はその全貌を窺い知ることのできる貴重な全曲録音盤となります。歌手もバロック・オペラの名手シャンタル・サントン=ジェフリーを始めとして豪華なメンバーが揃っており、古楽界の名手サイモン・スタンデイジがコンサート・マスターを務めるオルフェオ管弦楽団が脇を固めています。またこの録音では、1739年6月版を基に録音されていますが、第2幕は初稿版(第1ヴァージョン)も追加収録されており、この点にも注目です。
東京エムプラス

品番:GCD924012
レーベル:Glossa
フォーマット:3枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年06月11日

《曲目》
ラモー:オペラ=バレ 《エベの祭典》(パリ、1739) ――

CD1 プロローグ、第1幕「詩」
CD2 第2幕「音楽」(第2ヴァージョン)、第3幕「踊り」
CD3 第2幕「音楽」(第1ヴァージョン)

《演奏》
ジュルジ・ヴァシェジ(指揮)
オルフェオ管弦楽団
パーセル合唱団
シャンタル・サントン=ジェフリー(ソプラノ)、マリー・ペルボス(ソプラノ)、オリヴィア・ドレイ(ソプラノ/第2ヴァージョン)、ユディト・ファン・ヴァンロイ(ソプラノ/第1ヴァージョン)、レイナウト・ファン・メヘレン(テノール)、マティアス・ヴィダル(テノール)、フィリップ・エステフ(バリトン/第2ヴァージョン)、ダヴィット・ヴィチャック(バリトン/第1ヴァージョン)、ローラーント・ナイバウアー(バス)

《録音》
ライヴ:2021年3月&6月、ベーラ・バルトーク国立コンサート・ホール(ブダペスト芸術宮殿、ハンガリー)

Rameau: Les Fetes D'Hebe/Purcell Choir, Orfeo Orchestra, Gyorgy Vashegyi

Barcode: 8424562240124