コンテンツにスキップ

ゴットフリート・ハインリヒ・シュテルツェル:受難オラトリオ 《子羊が往く、咎を背負って》(ジュルジ・ヴァシェジ)

¥1,980
規格番号 GCD924006
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

ハンガリー古楽界の奇才ジュルジ・ヴァシェジ
シュテルツェルの受難オラトリオ世界初録音!

ラモーやモンドンヴィルなど、エルヴェ・ニケに代わりGlossaのフランス・バロック・レコーディングを充実させてきたハンガリー古楽界の奇才ジュルジ・ヴァシェジとオルフェオ管弦楽団&パーセル合唱団。フランチェスコ・バルトロメオ・コンティ(GCD 924004)以来となる「フランス以外」の録音は、ゴットフリート・ハインリヒ・シュテルツェル(1690-1749)の世界初録音となる受難オラトリオ。シュテルツェルはドイツ生まれ、イタリア滞在時にはヴィヴァルディ、スカルラッティ、ボノンチーニらに会い、ゲーラとザクセン=ゴータの宮廷で楽長を務めました。劇作品、オラトリオ、ミサ曲、器楽曲など多くの作品を創作し、J.S.バッハにも高く評価され、大きな名声を得ていましたが、18世紀後半には(他の多くの音楽家同様)忘れ去られていきました。「子羊が往く、咎を背負って(Ein Lammleingeht und tragt die Schuld)」は、キリストの受難の物語を題材に、シュテルツェル自身の台本によって作曲された受難オラトリオです。今回も、ハンガリーのハイ・クオリティな合唱団「パーセル合唱団」と、サイモン・スタンデイジがコンサートマスターとして率いるオルフェオ管弦楽団の溌溂とした好演にも注目です。
東京エムプラス

品番:GCD924006
レーベル:Glossa
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年03月下旬

《曲目》
ゴットフリート・ハインリヒ・シュテルツェル:
受難オラトリオ 《子羊が往く、咎を背負って》

《演奏》
オルフェオ管弦楽団
パーセル合唱団
ジュルジ・ヴァシェジ(指揮)
アーグネシュ・コヴァーチュ(ソプラノ)
ペーテル・バーラーニ(カウンターテナー)
ゾルターン・メジェシ(テノール)
ローラーント・ナイバウアー(バス)

《録音》
2018年3月7日-8日、リスト音楽アカデミー大ホール(ブダペスト、ハンガリー)

Stolzel: Ein Lammlein geht und tragt die Schuld
Purcell Choir, Orfeo Orchestra, Gyorgy Vashegyi

Barcode: 8424562240063