コンテンツにスキップ

ヴィヴァルディ:最後の協奏曲(ブルノのコッラルト伯爵のカタログより)(ファビオ・ビオンディ)

¥1,980
規格番号 GCD923402
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

【クーポン情報】
対象商品:レコードアカデミー賞受賞盤&レコード芸術特選盤/準特選盤まとめ買いクーポン対象商品に使える2点以上で10%オフクーポンコード
aca82

対象商品を2点以上カートに追加し、決済画面で上記クーポンコードをご入力ください。ご注文確定の際、値引きが反映されているかどうか再確認をお願いします。
※複数のクーポンコードの併用はできません

入荷時に通知する

【レコード・アカデミー賞受賞盤】

イタリア古楽界が誇る世界最高峰のバロック・ヴァイオリニスト、ファビオ・ビオンディとエウローパ・ガランテ。
前作「キアーラの日記」(PGCD923401)で衝撃的なグロッサ(Glossa)デビューを果たした、イタリア・バロック、そして赤毛の司祭の申し子が、次に繰り出すのはヴィヴァルディの「ヴァイオリン協奏曲集」!

ヴェネツィアでのナポリ楽派の台頭、教皇領フェッラーラでのトラブル、パトロンでもあったカール6世の急逝、そして経済的困窮など、苦境の真っ只中にあった最晩年のヴィヴァルディ。
ビオンディが選んだヴィヴァルディの6つの協奏曲、「RV.390」、「RV.273」、「RV.371」、「RV.189」、「RV.367」と「RV.286」は、この世を去る1741年にコッラルト侯爵アントニオ・ヴィンチグエッラに売却した作品、まさに「別れ、告別の協奏曲」なのである。
現在はチェコのブルノに保管されている6つの協奏曲は、晩年のヴィヴァルディの作風の証人であり、次代のタルティーニやロカテッリへと続く重要な作品である。
「四季」を筆頭に数々のヴィヴァルディの名演を生み出してきたビオンディ&エウローパ・ガランテの新録音。これは大注目!
東京エムプラス


品番:GCD923402
レーベル:Glossa
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2015年01月22日

《曲目》
ヴァイオリン協奏曲ロ短調 RV.390
ヴァイオリン協奏曲ホ短調 RV.273
ヴァイオリン協奏曲変ロ長調 RV.371
ヴァイオリン協奏曲ハ長調 RV.189
ヴァイオリン協奏曲変ロ長調 RV.367
ヴァイオリン協奏曲ヘ長調 RV.286《聖ロレンツォの祝日のために》

《演奏》
ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン&ディレクター)
エウローパ・ガランテ

《録音》
2014年6月16日-18日、サン・バシリーデ教会(バディーア、カヴァーナ、イタリア)

Vivaldi: Concerti dell'Addio
Fabio Biondi, Europa Galante

Barcode: 8424562234024