キアーラの日記 - 18世紀ヴェネツィアのピエタ院の音楽 [CD+DVD](エウローパ・ガランテ)

¥1,980
SKU 8424562234017
輸入盤/国内仕様盤を選択してください

発売:2014年01月


入荷時に通知する

ファビオ・ビオンディがGlossa初登場!
18世紀ヴェネツィア、ピエタ院の音楽!

イタリアが輩出した世界最高峰のバロック・ヴァイオリニスト、ファビオ・ビオンディとエウローパ・ガランテがグロッサ(Glossa)初登場!ヴィヴァルディを筆頭に、数多くのイタリア音楽の名演奏を生み出してきたビオンディとエウローパ・ガランテが、グロッサでのスタートとして選んだプログラムはもちろん代名詞でもあるイタリア音楽。時は18世紀のヴェネツィア。ピエタ院(ピエタ寺院)の音楽の数々!

生後わずか2ヶ月でピエタ院に引き取られ、ヴィヴァルディからヴァイオリンを学び、18世紀中期のヨーロッパを代表するヴァイオリニストへと成長を遂げたキアーラ(キアレッタ)。ビオンディは「キアーラの日記(Il Diario di Chiara)」から、当時のピエタ院が果たした大きな役割、キアーラの存在の大きさを伝えることの出来るプログラムを考案。ピエタ院付属の音楽院でヴァイオリンを教え、協奏曲長という特別なポストに就いていたヴィヴァルディや、ポルタ、ポルポラ、マルティネッリ、ラティッラ、ペロッティ、ベルナスコーニの音楽によって、ファビオ・ビオンディとエウローパ・ガランテの新章が幕を開ける。約32分のボーナスDVD-Video、ファビオ・ビオンディとルクレツィア・レ・モリによる「キアーラの日記」の内容も気になるところ。
東京エムプラス

品番:GCD923401
レーベル:Glossa
フォーマット:2枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2014年01月下旬

《曲目》
ポルタ: 弦楽のためのシンフォニア ニ長調
ヴィヴァルディ: 弦楽のためのシンフォニア ト長調 RV.149
ポルポラ: 3声のシンフォニア ト長調
ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲変ロ長調 RV.372
マルティネッリ: ヴィオラ・ダモーレと弦楽のための協奏曲ニ長調、ヴァイオリン協奏曲ホ長調
ラティッラ: シンフォニア ト長調
ペロッティ: ヴァイオリンとオルガンのためのグラーヴェ ト短調
ベルナスコーニ: 弦楽のためのシンフォニア ニ長調

《演奏》
エウローパ・ガランテ、ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン&ヴィオラ・ダモーレ)

《録音》
2013年8月20日-22日、サン・フィリッポ教会(レッジョ・エミリア、イタリア)

Il Diario di Chiara

Europa Galante
Fabio Biondi