コンテンツにスキップ

モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り (1610)(ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ)

¥710オフ
元の価格 ¥3,380
現在の価格 ¥2,670
規格番号 GCD922807
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
    各種クレジット,Paypay,キャリア決済,銀行振込がご利用いただけます
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPay
  • d Barai
  • au Kantan Kessai
  • Softbank
  • Generic


【レコード・アカデミー賞受賞盤】

精鋭集団ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ、モンテヴェルディ生誕450周年記念!傑作「聖母マリアの夕べの祈り」を歌う!

マレンツィオの「5声のマドリガーレ集第1巻」(GCD922802)が2014年の英グラモフォン賞古楽部門賞に選出されるなど、当代最高のラテン系ヴォーカル・アンサンブルとしての地位を確固たるものとした"ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ"。コンチェルト・イタリアーノやラ・ヴェネクシアーナのメイン・メンバーとして活躍したジュゼッペ・マレットを始め、ロッサーナ・ベルティーニ、フランチェスカ・カッシナーリ、ダニエレ・カルノヴィチなど、古楽界の名歌手たちによって構成された精鋭アンサンブルによる、クラウディオ・モンテヴェルディの生誕450周年記念リリースが登場!

教会音楽史上の最高傑作の1つであるモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」は、音楽史、教会音楽の大きな転換期の中で誕生し、今もなお多くの謎が残る作品。ジュゼッペ・マレットが長い演奏経験を活かし、使用楽器、ピッチやテンポの選択など細部までこだわり作り上げた新たな録音は、ジュゼッペ・マレット率いるヴォーカル・アンサンブル"カンティカ・シンフォニア"と、ラ・ヴェネクシアーナやカンティカ・シンフォニアのレギュラー・メンバーらからなる古楽系管打楽器アンサンブル"ラ・ピファレスカ"が参加。Glossa(グロッサ)が満を持して送り出す「聖母マリアの夕べの祈り」。2017年、モンテヴェルディ・アニヴァーサリー・イヤーを盛大に彩る最大級のアルバムです!
東京エムプラス


品番:GCD922807
レーベル:Glossa
フォーマット:2枚組 CD
発売日:2017年04月08日

《曲目》
モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り(1610)

《演奏》
ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ
カンティカ・シンフォニア
ラ・ピファレスカ
ジュゼッペ・マレット(指揮)

《録音》
2016年9月&10月、サン・マウリツィオ教会(ピネローロ、イタリア)

Monteverdi: Vespro della Beata Vergine
La Compagnia del Madrigale, Giuseppe Maletto

Barcode: 8424562228078