コンテンツにスキップ

C.P.E.バッハ:チェロ協奏曲集(ロエル・ディールティエンス)

¥1,980
SKU 8424562211278
輸入盤/国内仕様盤を選択してください

発売:2019年09月

入荷時に通知する

♪チェロ協奏曲イ短調(Wq 170, 1750)より第1楽章

“ポスト=ブリュッヘン時代“の18世紀オーケストラ!
ロエル・ディールティエンスが弾くC.P.E.バッハ!

「ポスト=ブリュッヘン時代」へと突入したピリオド・オーケストラのパイオニア、18世紀オーケストラの音楽創造の旅路。第4作目のレコーディングは、ベルギーの名チェリスト、ロエル・ディールティエンスを迎えたC.P.E.バッハのチェロ協奏曲集が登場。ロエル・ディールティエンスは、ブリュッヘン、ヘレヴェッヘ、デ・レーウ、ポンスたちからの信頼も厚く、自身が創設した"アンサンブル・エクスプロラシオン"との多数の録音でも知られる、モダンとバロックの両方のチェロの権威です。

J.S.バッハの息子たちのなかでもっとも成功した音楽家である次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハは、バロックと古典派の過渡期を歩んだ作曲家で、鍵盤楽器ソナタによってモーツァルトやベートーヴェンにも大きな影響を与えました。18世紀には「チェロ協奏曲」はまだ新しいジャンルであり、C.P.E.バッハのこれらのチェロ協奏曲(1750年~1753年)は、ボッケリーニやハイドンがチェロ協奏曲を書くよりも前に生み出された作品。ブリュッヘンが築いた18世紀オーケストラのサウンドとディールティエンスの雄弁なチェロによって、魅力的で多彩な物語が紡がれています。レコーディング・セッションにも訪れて解説のエッセイを寄稿しているのは、ブリュッヘンの長年の友人でもあったというオランダの人気小説家アンナ・エンクヴィスト(Anna Enquist)です。
東京エムプラス

品番:GCD921127
レーベル:Glossa
フォーマット:1枚組 CD
発売日:2019年09月下旬

《曲目》
C.P.E.バッハ:チェロ協奏曲集

チェロ協奏曲イ短調(Wq 170, 1750)
チェロ協奏曲変ロ長調(Wq 171,1751)
チェロ協奏曲イ長調(Wq 172, 1753)

《演奏》
ロエル・ディールティエンス(チェロ)
18世紀オーケストラ

《録音》
2019年3月、カイゼル運河教会(アムステルダム、オランダ)

C.P.E.Bach: The Cello Concertos
Roel Dieltiens, Orchestra if the Eighteenth Century