コンテンツにスキップ

ブラームス:ドイツ・レクイエム Op.45(ダニエル・ロイス)

¥1,980
規格番号 GCD921126
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!

発売:2018年12月


入荷時に通知する

ダニエル・ロイス&18世紀オーケストラ!
新録音はブラームス「ドイツ・レクイエム」!

「ポスト=ブリュッヘン時代」へと突入したピリオド・オーケストラのパイオニア、18世紀オーケストラの音楽創造の旅路。前作ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」(PGCD 921124/GCD 921124)で、18世紀オーケストラのタクトを振ったオランダ古楽界の名匠ダニエル・ロイス。ポスト=ブリュッヘン時代のGlossa録音第2弾は、ブラームスの偉大な宗教作品「ドイツ・レクイエム」をレコーディング!古楽、合唱シーンでその卓越した手腕を発揮するダニエル・ロイスと自身が芸術監督を務める世界有数の合唱団カペラ・アムステルダム。ソリストは、前作に引き続き参加となる古楽系ソプラノの最高峰キャロリン・サンプソン、そしてアムステルダムとハーグで学び、ウィリアム・クリスティのル・ジャルダン・デ・ヴォワのメンバーともなったドイツのバリトン、アンドレ・モルシュです。ブリュッヘンが築いた18世紀オーケストラのサウンド、カペラ・アムステルダムの純度の高いハーモニーで、音色、解釈、テンポなど、ブラームス本来の意図に可能な限り近づけるよう試みた演奏です。
東京エムプラス

品番:GCD921126
レーベル:Glossa
フォーマット:1枚組 CD
発売日:2018年12月中旬

《曲目》
ブラームス:
ドイツ・レクイエム Op.45

《演奏》
キャロリン・サンプソン(ソプラノ)
アンドレ・モルシュ(バリトン)
18世紀オーケストラ
カペラ・アムステルダム
ダニエル・ロイス(指揮)

《録音》
2018年5月、デ・ドゥーレン(ロッテルダム、オランダ)

Brahms: Ein Deutsches Requiem
Orchestra of the Eighteenth Century, Daniel Reuss, Carolyn Sampson, Andre Morsch

Barcode: 8424562211261