コンテンツにスキップ

タンスマン&バツェヴィチ:ピアノ協奏曲集(ユリア・コチュバン)

DUX
¥2,230
SKU 5902547016122 / DUX1612

発売:2020年08月

入荷時に通知する

キーワードは、ポーランドとフランス。
タンスマンとバツェヴィチのピアノ協奏曲集!

20世紀のポーランドが輩出した2人の偉大な作曲家、アレクサンドル・タンスマン(1897-1986)と、グラジナ・バツェヴィチ(1909-1969)の知られざる「ピアノ協奏曲」をカップリングしたポーランドのレーベルならではの好企画。
「六人組」への加入の誘いを受けるなど、保守的なポーランドではなく、フランスを主な活躍の舞台としたタンスマン。1925年に作曲された「ピアノ協奏曲第1番」は、新古典主義の作風でありながらも、どことなくフランスの和声も感じさせる秀作です。
国際的な名声を得た最初のポーランド人女流作曲家、グラジナ・バツェヴィチ。「ピアノ協奏曲」は世界的評価を得た1953年の「ピアノ・ソナタ第2番」の少し前となる1949年に作曲されており、ナディア・ブーランジェ直伝の作曲技法が発揮された代表作の1つです。

ソリストのユリア・コチュバンは、ワルシャワのショパン音楽大学とザルツブルクのモーツァルテウムで、ピオトル・パレチニとパヴェル・ギリロフに師事したポーランドの才媛。バツェヴィチ・インターナショナル・サマー・アカデミーを創設し、ダイレクターに就任するなど、バツェヴィチの作品の発掘と解釈に定評のあるピアニストです。
東京エムプラス

品番:DUX1612
レーベル:DUX
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年08月22日

《曲目》
タンスマン:ピアノ協奏曲第1番
バツェヴィチ:ピアノ協奏曲

《演奏》
ユリア・コチュバン(ピアノ)
アルトゥール・ルービンシュタイン・フィルハーモニー管弦楽団
パヴェウ・プシトツキ(指揮)

《録音》
2019年9月2日-6日、グラジナ&キェイストゥット・バツェヴィチ音楽アカデミー(ウッジ、ポーランド)

Tansman, Bacewicz: Piano Concertos
Julia Kociuban, Arthur Rubinstein Philharmonic Orchestra, Pawel Przytocki