モニューシュコ:歌劇《ベアタ》(トマシュ・トカルチク)

DUX
¥1,980
SKU 5902547015316 / DUX1531

発売:2019年10月


入荷時に通知する

ポーランド・オペラの父、モニューシュコ最後のオペラ「ベアタ」!

「ベアタ」は、代表作「幽霊屋敷」の大成功などにより、ポーランドにおけるオペラの父と称されるスタニスラフ・モニューシュコ(1819-1872)の最後の舞台作品であり1幕の歌劇。
主役のベアタの数々の恋愛や人間模様を描いたコミック・オペラであり、1872年2月2日にワルシャワの大劇場で初演が行われましたが、フルスコアは第二次世界大戦で失われてしまい、戦後、ワルシャワ大劇場の廃墟で発見されたピアノ・リダクションをベースとしてクシシュトフ・バクレウスキによって復元され、蘇演が実現しました。
東京エムプラス

品番:DUX1531
レーベル:DUX
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年10月26日

《曲目》
モニューシュコ:歌劇《ベアタ》

《演奏》
クラクフ歌劇場管弦楽団&合唱団
トマシュ・トカルチク(指揮)
カタルジナ・オレシ=ブラハ(ソプラノ)
ウカシュ・ザレスキ(テノール)
ヤヌシュ・ラタイチャク(テノール)
パウラ・マショレク(ソプラノ)
ワンダ・フラネク(メゾ・ソプラノ)
モニカ・コリバルスカ(メゾ・ソプラノ)
マリウシュ・ゴドレフスキ(バリトン)
ヴォイテク・シュミレク(バス)
アダム・シェルシェン(バリトン)

《録音》
2018年9月16日、クラクフ歌劇場(ポーランド)

Moniuszko: Beata
Chor I Orkiestra Opery Krakowskiej, Tomas okarczyk