コンテンツにスキップ

ロッシーニ:小ミサ・ソレムニス [初回限定生産盤](マルクス・クリード)

¥1,180
規格番号 DIAP115
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 3点在庫あり
  • American Express
  • JCB
  • Mastercard
  • Visa

PayPay

入荷時に通知する

DIAPASON誌が選んだロッシーニ!
RIAS室内合唱団の小ミサ・ソレムニス!

「ウィリアム・テル」の発表後に早々にオペラ界を、その後には音楽界を引退し隠遁生活を送っていたロッシーニが、晩年の1863年に作曲した宗教作品「小ミサ・ソレムニス(小荘厳ミサ曲)」。4人のソリストと8人の合唱、2台のピアノとハルモニウムという編成で作曲、初演が行われた晩年の傑作です。

ディアパゾン誌が選んだこの作品の名演は2001年に録音されたマルクス・クリードが指揮したRIAS室内合唱団の演奏。RIAS室内合唱のハーモニーはもちろんのこと、ロッシーニの時代のプレイエルとハルモニウムの音色も聴きどころです。
東京エムプラス

品番:DIAP115
レーベル:Diapason
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2019年06月22日

《曲目》
ロッシーニ:小ミサ・ソレムニス

《演奏》
クラッシミーラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)
ブリギット・レンメルト(アルト)
スティーヴ・ダヴィスリム(テノール)
ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(バス)
マルクス・クリード(指揮)
RIAS室内合唱団
フィリップ・メイヤーズ&フィリップ・モル(ピリオド・ピアノ1869&1858)
諸岡涼子(ハルモニウム/1869年製)

《録音》
2001年
リマスタリング:Circa

Barcode: 3701025805591