コンテンツにスキップ

バーンスタイン:ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード(プラトンの《饗宴》による)、ペンデレツキ:ヴァイオリン協奏曲 [Gold Disc] [初回限定生産盤](サルヴァトーレ・アッカルド)

¥3,730
SKU 8012871003532 / CDGOLD035

発売:2020年10月

入荷時に通知する

アッカルド、バーンスタイン&ペンデレツキを弾く!

アッカルドのソロ、ペンデレツキの指揮による20世紀のヴァイオリン協奏曲!バーンスタインの《ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード》(1954年)は、プラトンの『饗宴』に基づく5楽章制のヴァイオリン協奏曲で、各楽章にはアリストファネスやソクラテスらの人名がつけられた珍しい作品。初演はアイザック・スターンとイーゴリ・ストラヴィンスキーの指揮によって行われました。五嶋みどりが弦を2回切りながらも弾き切った「タングルウッドの奇跡」のエピソードでも有名な作品です。ここではアッカルドが見事な弾き振りを披露し、作品のもつジャズの雰囲気をうまく表現しています。カップリングのペンデレツキのヴァイオリン協奏曲は1974年から76年にかけて作曲された内省的な作品で、こちらもアイザック・スターンが初演を行いました。本アルバムでは作曲家自身の指揮で、アッカルドが深みのあるソロを聞かせます。
東京エムプラス

品番:CDGOLD035
レーベル:Fone
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年10月中旬

《曲目》
バーンスタイン:ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード(プラトンの「饗宴」による)
ペンデレツキ:ヴァイオリン協奏曲*

《演奏》
サルヴァトーレ・アッカルド(ヴァイオリン&指揮)
オーケストラ・ダ・カメラ・イタリアーナ
クシシュトフ・ペンデレツキ(指揮)*
オーケストラ・ジョヴァニーレ・イタリアーナ*

《録音》
1998年11月、1987年6月*

Bernstein: Serenade
Salvatore Accardo, Orchestra Da Camera Italiana