コンテンツにスキップ

ラフマニノフ:合唱交響曲 《鐘》、5つの《音の絵》(レスピーギ編)(ガブリエル・フェルツ)

¥2,000
規格番号 CD21124
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

ドイツ期待のマエストロ、ガブリエル・フェルツとドルトムント・フィルのラフマニノフ第4弾!壮麗な合唱交響曲を、世界有数の録音チーム「TRITONUS」による高音質SACDハイブリッド録音で!

リューベック市劇場、ブレーメン劇場のカペルマイスター、アルテンブルク・ゲラ市の管弦楽団および歌劇場の音楽総監督、シュトゥットガルト・フィルの首席指揮者、シュトゥットガルト市の音楽総監督、バーゼル歌劇場の首席客演指揮者という錚々たるポジションを歴任し、2013/14シーズンからは、ドルトムント市の音楽総監督、ドルトムント・フィルの首席指揮者として活躍したドイツ期待のマエストロ、ガブリエル・フェルツ。
新たな手兵ドルトムント・フィルとスタートしたラフマニノフの3つの交響曲サイクルで、その実力と鋭い音楽性を発揮してきたガブリエル・フェルツが次にレコーディングに臨んだのは、独唱と合唱を伴う合唱交響曲「鐘」とレスピーギがピアノ曲にオーケストレーションを施した「音の絵」の2019年ライヴ。
シュトゥットガルト・フィル時代の2007年にラフマニノフ財団からラフマニノフ賞を贈られた実績を持つガブリエル・フェルツが描く、壮麗な「鐘」と鮮やかな「音の絵」の充実のパフォーマンスと解釈にご期待ください!3つの交響曲に引き続き、録音は複数のグラミー賞受賞歴を誇る世界有数のレコーディング・チーム、「TRITONUS」が担当しています。
東京エムプラス

品番:CD21124
レーベル:Dreyer Gaido
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2020年11月28日

《曲目》
ラフマニノフ:
合唱交響曲《鐘》 Op.35*
5つの《音の絵》(レスピーギ編曲)

《演奏》
ガブリエル・フェルツ(指揮)
ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団
ブルノ国立フィルハーモニー合唱団*
ペトル・フィアラ(合唱指揮)*
オレシャ・ゴロフネヴァ(ソプラノ)*
マクシム・アクセノフ(テノール)*
ルーク・シュトーカー(バス)*

《録音》(ライヴ)
2019年2月&11月
コンツェルトハウス・ドルトムント(ドイツ)

Rachmaninoff: Die Glocken Op.35
Gabriel Feltz, Dortmunder Philharmoniker

Barcode: 4260014871249