中世後期のミサ曲~14世紀ゲッティンゲンの聖ヨハネ・ミサ典礼書に基づく(アンサンブル・エオロス)

¥2,420
規格番号 C58049

発売:2020年11月

入荷時に通知する

1995年にゲッティンゲンの聖パウロ教会で誕生した合唱団、スコラ・カンタンド・プレディカーレが歌う、同地ゆかりの作曲者不明のミサ曲!グレゴリオ聖歌のスペシャリスト集団ならではのオーセンティックな演奏で、できるだけ当時の演奏習慣に近づけるべく、器楽による即興的なトラックや、既存作品からの転用も挿入されています。器楽を担当するのはルネサンス音楽を専門とするアンサンブル・エオロスで、22トラック中の7曲を担当。うち3曲は当時非常に影響力のある作曲家、音楽理論家であったフィリップ・ド・ヴィトリ(1291-1361)の作品が取り上げられています。
東京エムプラス

品番:C58049
レーベル:Cantate
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年11月28日

《曲目》
中世後期のミサ曲 ~ 14世紀ゲッティンゲンの聖ヨハネ・ミサ典礼書に基づく

《演奏》
スコラ・カンタンド・プレディカーレ
アンサンブル・エオロス

《録音》
2013年8月

A late medieval mass
Ensemble Aeolos

Barcode: 4012476580494