コンテンツにスキップ

マーラー:交響曲第5番(クラウス・ジモンによる室内管弦楽版)(クラウス・ジモン)

¥2,780
規格番号 BM003
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: Translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 在庫あり
    各種クレジット,Paypay,キャリア決済,銀行振込がご利用いただけます
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPay
  • d Barai
  • au Kantan Kessai
  • Softbank
  • Generic


2021年7月15日発売
世界初録音!クラウス・ジモン編曲
18人の演奏家のためのマーラー:交響曲第5番!
ベルリンのラグジュアリー・レーベル「Bastille Musique」新規取り扱い!
クラウス・ジモン編曲、小編成版のマーラー交響曲第5番!

ドイツ生まれのピアニスト兼指揮者である、クラウス・ジモン編曲による18人の音楽家による室内管弦楽版の《マーラー:交響曲第5番》。
20世紀の音楽を特に得意としているという、ジモンの編曲版は、そもそも大編成で演奏されるマーラーの音の厚みを損なうことなく、むしろ原曲よりも室内楽管弦楽版の方が弦楽器とのバランスがとれているのではないかと思わせるほどに驚かされます。もちろんそこには編曲者本人の指揮ということも要因の一つでしょう。さらにはシェーンベルクや、プフィツナー、リームといった近現代の作品を多く取り上げ、演奏し研究し尽くしてきたジモンの経験が活かされていると思わせてくれます。編成は、アンサンブル・ミニの録音でも話題を呼んだ交響曲第9番の小編成版(ARS38155S)と同じように、アコーディオンやピアノを含む、18人の奏者のために書かれています。

ホルスト・シンフォニエッタは、1996年に指揮者のクラウス・ジモンによってフライブルクで結成され、その演奏スタイルはバロック、モダンにこだわらずそれらの良い部分を活かす中庸なスタイルを取っています。さらに、常設のドラム、音響技師もおり、まさに現代の室内管弦楽団の理想ともいえるサウンドを聴かせてくれています。レパートリーも20世紀の音楽を中心に活動しており、今後の演奏も期待されます!
東京エムプラス

品番:BM003
レーベル:Bastille Musique
フォーマット:1枚組 CD
発売日:2021年07月15日

《曲目》
マーラー(クラウス・ジモン編):
交響曲第5番(室内管弦楽版)

《演奏》
クラウス・ジモン(指揮)
ホルスト・シンフォニエッタ

編成:
フルート(ピッコロ)
オーボエ(イングリッシュ・ホルン)
第1クラリネット
第2クラリネット(バス・クラリネット)
ファゴット
第1ホルン
第2ホルン
トランペット
パーカッション×2
ハープ
アコーディオン
ピアノ
第1ヴァイオリン
第2ヴァイオリン
ヴィオラ
チェロ
コントラバス

《録音》
2015年、フライブルク(ドイツ)

Mahler: Symphony No.5 (arr. Simon)
Holst-Sinfonietta, Klaus Simon

Barcode: 4032324010126