コンテンツにスキップ

カゼッラ:交響曲第2番 Op.12、交響的断章《蛇女》組曲第1番(ファブリツィオ・ヴェントゥーラ)

¥2,250
規格番号 ARS38232

発売:2019年11月


入荷時に通知する

ドイツ・オケによるカゼッラの交響曲第2番!SACD!

ワーグナーとリヒャルト・シュトラウスの音楽に触発されたアルフレード・カゼッラ(1883-1947)が1908年から1909年にかけて作曲し、当時のオペラが隆盛を誇っていたイタリア楽壇に器楽、オーケストラ作品の風を吹き込んだ重要作である「交響曲第2番」を収録。
ちなみにカゼッラは20世紀イタリアにおける器楽復興だけでなく、ヴィヴァルディの復権にも大きく寄与した音楽として、その足跡を確実に音楽史に残しています。
演奏はドルトムント近郊、ドイツ西部の街、ミュンスターのオーケストラ。カゼッラと言えばノセダ&BBCフィルの名演が思い浮かびますが、高音質で聴くミュンスター交響楽団の演奏も優れた完成度を披露してくれています。
東京エムプラス

品番:ARS38232
レーベル:Ars Produktion
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2019年11月上旬

《曲目》
カゼッラ:
交響曲第2番ハ短調 Op.12
交響的断章《蛇女》組曲第1番

《演奏》
ファブリツィオ・ヴェントゥーラ(指揮)
ミュンスター交響楽団

《録音》
2016年10月25日-26日&30日、ミュンスター劇場(ドイツ)

Casella: Symphony No.2
Sinfonieorchester Munster, Fabriio Ventura

Barcode: 4260052382325