アンタイル:ヴァイオリン作品全集 第1集(アレッサンドロ・ファジュオーリ)

¥2,420
SKU 4260085532391 / 8553239

発売:2020年08月


入荷時に通知する

《バレエ・メカニック》や《飛行機ソナタ》、《野蛮なソナタ》などの前衛的な作風で知られるアメリカの作曲家、ジョージ・アンタイル(1900-1959)のヴァイオリン作品全集第1巻。第1巻に収められた4つのヴァイオリン・ソナタは、アンタイルがバルトーク、オーンスタイン、ストラヴィンスキーなどの影響を受け前衛的な音楽を書いていた時期と、40代になってある程度保守的な音楽を書くようになった時期の両方にまたがっています。4曲ともアイディアに満ちた刺激的な作品ばかりですが、第1番におけるパーカッシブな要素、第2番に現れたダダイズム・キュビスム、第3番に見られる初期ストラヴィンスキー風の、新古典主義的な傾向、第4番におけるプロコフィエフやショスタコーヴィチからの影響と、各曲にはアンタイルの作風の変化がしっかり刻まれており、その変遷を知る上でも大変興味深い1枚となっています。

アレッサンドロ・ファジュオーリは、ヴェネツィアのベネデット・マルチェッロ音楽院で学び、後にエンツォ・ポルタに師事して20世紀のヴァイオリンのレパートリーを学んだヴァイオリニスト。ヴェネチア・ビエンナーレで「後期ノーノの演奏法」をテーマに奨学金を得た後、さらに近現代音楽の研究を進め、2014年からは母校で現代弦楽四重奏のレパートリーに関するマスタークラスを開催しています。ピアニストのアレッシア・トッファニンとは、これまでにラヴェル、ドビュッシー、サティ、ミヨー、ストラヴィンスキー、メシアンなどの録音を行っています。
東京エムプラス

品番:8553239
レーベル:C'avi
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年08月13日

《曲目》
アンタイル:ヴァイオリン・ソナタ 第1番~第4番

《演奏》
アレッサンドロ・ファジュオーリ(ヴァイオリン)
アレッシア・トッファニン(ピアノ)
※使用楽器:エウジェニオ・デガーニ(1880年製)& ヤマハ CF グランドピアノ

《録音》
2016年8月&2017年9月
Teatro O.P.S.A.(イタリア、パドヴァ)

Antheil: Violin Sonatas Vol.1
Alessandro Fagiuoli, Alessia Toffanin