コンテンツにスキップ

ハンス・ガル:オルガンと弦楽のための小協奏曲、トッカータ、2つの宗教的な歌、他(イシュトヴァン・マテューズ 、 マルティン・ハーゼルベック&ウィーン・アカデミー管弦楽団)

NCA
¥2,140
SKU 885150601624 / 60162

発売:2020年10月

入荷時に通知する

モダニズムが流行するヨーロッパで、ブラームスの孫弟子として後期ロマン主義の伝統的な作曲技法と旋律美を貫いた作曲家ハンス・ガル。演奏家としてはピアニストとしての活動が有名ですが、初期のころはオルガンに興味をもち、ウィーンの教会で礼拝の際などによく演奏していたといいます。本アルバムでは、オルガン小協奏曲をメインに、オルガン独奏曲とオルガン伴奏の歌ものを収録し(すべて世界初録音)、ガルのオルガン分野での創作活動を俯瞰します。協奏的なジャンルに多大な関心を寄せていたガルは、ピアノ、ヴァイオリン、チェロのために協奏曲と小協奏曲(コンチェルティーノ)をそれぞれ1つずつ書いていますが、オルガンに関して作曲したのは小協奏曲のみです。リストやベートーヴェンのピリオド演奏で名高いハーゼルベック&ウィーン・アカデミー管弦楽団が万全のサポートを行い、堂々たるサウンドを作り上げています。
東京エムプラス

品番:60162
レーベル:NCA
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2020年10月下旬

《曲目》
オルガンと弦楽のための協奏曲
トッカ-タ
前奏曲とフーガ
幻想曲、アリオーソとカプリッチョ
《演奏》
イストヴァン・マトヤス(オルガン)

Gal: Organ Works
Istvan Matyas