コンテンツにスキップ

マルティン・ガルシア・ガルシア~第18回ショパン国際ピアノ・コンクール・ライヴ(マルティン・ガルシア・ガルシア)

¥3,560
規格番号 NIFCCD645
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 3点在庫あり
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

2021年第18回ショパン・コンクール・ライヴ!極めて強い個性を放ち第3位入賞、「コンチェルト賞」にも輝いたスペインのマルティン・ガルシア・ガルシア!
2021年10月に開催された第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは、新型コロナ・ウイルスの影響で1年延期されながらも、極めてレベルの高い才能が各国から集結し、日本人コンテスタントの活躍や全世界オンライン配信などによりかつてない盛り上がりを見せました。コンクールを主催するポーランド国立ショパン研究所(NIFC)の自主レーベルよりリリースされるコンクールのライヴ録音シリーズ(ブルー・シリーズ)から、第3位入賞と「コンチェルト賞」に輝いたスペインのマルティン・ガルシア・ガルシアが登場!

個性的な様々なタレントが集結した第18回ショパン・コンクールの中でも、ひときわ強い異彩を放ち、審査員の中で賛否ありながらも圧倒的な魅力で決勝まで勝ち進み、見事上位入賞を果たしたガルシア・ガルシア。厳格なショパン像が求められるとされてきたショパン・コンクールにおいても、自由奔放な解釈、歌うような表現と文字通り歌いながら弾く楽しそうなショパンで全世界のオンライン視聴者の間でも話題を席巻し、審査が進むにつれ審査員の評価も上昇。ファイナルでは選択されることの少ないヘ短調の協奏曲(第2番)を選び、「最優秀コンチェルト演奏賞」の栄誉に輝きました。

1996年スペインのヒホンに生まれ、スペインとニューヨークの音楽院で研鑽を積んだマルティン・ガルシア・ガルシア。2021年8月クリーヴランド国際ピアノ・コンクールで優勝し、2か月後のショパン国際ピアノ・コンクールで第3位入賞して国際的にも一躍有名に。
東京エムプラス

品番:NIFCCD645
レーベル:NIFC
フォーマット:2枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2022年06月下旬(大幅に変更となる場合がございます)

《曲目》
ショパン:
[CD1]
1. 練習曲第16番イ短調 Op.25-4
2. 練習曲第4番嬰ハ短調 Op.10-4
3. 夜想曲第16番変ホ長調 Op.55-2
4. バラード第1番ト短調 Op.23
5. ワルツ第2番変イ長調 Op.34-1
6. バラード第3番変イ長調 Op.47
7. 即興曲第3番変ト長調 Op.51
8. スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31
9. ポロネーズ第6番変イ長調 Op.53 《英雄》
10. 前奏曲第17番変イ長調 Op.28-17
11. 前奏曲第19番変ホ長調 Op.28-19
12. 前奏曲第23番ヘ長調 Op.28-23

[CD2]
1-4. ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op.58
5-7. 3つのマズルカ Op.50
8. 前奏曲嬰ハ短調Op.45
9. ワルツ第4番ヘ長調 Op.34-3
10-12. ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21*

《演奏》
マルティン・ガルシア・ガルシア(ピアノ)
アンドレイ・ボレイコ(指揮)*
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団*

《録音》(ライヴ)
CD1 1-4:2021年10月6日(第一次予選)
CD1 5-9:10月11日(第二次予選)
CD1 10-12&CD2 1-9:10月15日(第三次予選)
CD2 10-12:10月19日(決勝)
ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール
(ワルシャワ、ポーランド)

Chopin Piano Competition 2021
Martín García García

Barcode: 5906395034802