J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 BWV.1007-1012 (ヴィオラ版/全曲)(マルティン・シュテーグナー)

¥2,420
規格番号 PHIL06040
輸入盤/国内仕様盤を選択してください

発売:2021年04月


入荷時に通知する

ベルリン・フィルのヴィオラ、シュテーグナー!
バッハの聖典"無伴奏チェロ組曲"全曲をヴィオラで録音!

1996年からベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のヴィオラ奏者として活躍するドイツ、ニュルンベルク出身の名手、マルティン・シュテーグナーがJ.S.バッハの不朽の名作「無伴奏チェロ組曲」の全6曲を「ヴィオラ」でレコーディング!

バッハの音楽、特にこの「無伴奏チェロ組曲」について「これまでに作曲されてきた音楽の中で最も完璧なもの」、「何百万もの解釈が考えられる作品であり、(この作品に対して)あまりにも大きな尊敬の念を抱いていたため公の場で演奏する勇気がなかった」と述べるシュテーグナー。
ベルリン・フィルのメンバーとして多くのステージに立ち、様々な時代、スタイルの作品を演奏してきた百戦錬磨のシュテーグナーの言葉は、バッハの「無伴奏チェロ組曲」の傑出した完成度とその偉大な存在感を改めて感じさせてくれます。

自分の人生を豊かに、そして幸せにしてくれる「無伴奏チェロ組曲」の6つの組曲と長年に渡って向かい合い続けた結果、この音楽を友人やリスナーと共有したいという考えに至り、満を持してヴィオラでの録音を決断したシュテーグナー。
レコーディング・エンジニアを付けず4本のマイクとヴィオラを持ってホールに向かい、自分自身が演奏者、プロデューサーとエンジニアを兼ねる1人3役で録音に臨みました。まさに入魂のバッハ。ご期待下さい!

8歳の時に父からヴァイオリンを学び始めたマルティン・シュテーグナーはマンハイム音楽大学でローマン・ノーデルに師事した後にヴィオラに転向。
ベルリン・フィルのオーケストラ・アカデミーでナイトハルト・レーザとヴィルフリート・シュトレーレに師事した後、1993年にベルリン・ドイツ交響楽団に首席ヴィオラ奏者として入団。そしてその3年後にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に移籍し現在に至ります。
ベルリン・フィルハーモニー・ジャズ・グループの共同創設者でもあるシュテーグナーは、2008年にアンサンブル・ボレロ・ベルリンを設立。ベルリン・フィルでの活動やソロに留まらず、ジャズ、アンサンブルなど様々な分野で幅広く活躍しています。
東京エムプラス

品番:PHIL06040
レーベル:Phil.Harmonie
フォーマット:2枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2021年04月中旬

《曲目》
J.S.バッハ:
無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV.1007
無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調 BWV.1008
無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV.1009
無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調 BWV.1010
無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調 BWV.1011
無伴奏チェロ組曲第6番ト長調 BWV.1012(原曲:ニ長調)

《演奏》
マルティン・シュテーグナー(ヴィオラ)

《録音》
2019年-2020年
ベルリン(ドイツ)

J.S.Bach: Suites for Violoncello Solo No.1-6
Martin Stegner(va)

Barcode: 4250317416407