コンテンツにスキップ

ナポレオンの時代のハープ作品集(カトリーヌ・ミシェル)

¥2,420
規格番号 CAL2187
輸入盤/国内仕様盤を選択してください

発売:2021年06月


【クーポン情報】
対象商品:【レコード芸術特選盤&準特選盤/国内仕様が選べるタイトル】対象商品輸入盤でも日本語解説付き国内仕様でもOK)
上記対象商品から
2点以上のご注文で10%オフクーポンコード

recg22

4点以上のご注文で15%オフクーポンコード

recg44

対象商品から2点以上、または4点以上カートに追加し、決済画面で上記クーポンコードをご入力ください。
対象商品の一覧はこちら
※利用可能期間:2021年6月30日(水)23:59まで
※複数のクーポンコードの併用はできません

入荷時に通知する

ハープで奏でるナポレオンの時代。カトリーヌ・ミシェル、知られざる名曲を弾く!

18世紀から19世紀の作品を積極的に取り上げてきた、カトリーヌ・ミシェル!
フランス国立管弦楽団首席フルート奏者フィリップ・ピエルロも共演

ナポレオンの時代に、フランスで活躍した作曲家たちによるハープのための作品集です。フランスのハープ奏者カトリーヌ・ミシェルは、パリ音楽院を卒業後、1970年フランス放送フィルハーモニー管弦楽団に所属しつつ、ソリストとしても活動を開始しました。その後、1978年にはフランス国立歌劇場管弦楽団の首席ハープ奏者となり、バーンスタイン、ベーム、ブーレーズ、チェリビダッケなど錚々たる指揮者たちとの共演も果たしています。

元夫であり作曲家であるミシェル・ルグランとのコラボレーションでは、クラシックの枠に留まらず、ジャズとの融合など幅広いジャンルでの活躍をみせています。
カトリーヌ・ミシェルはそのキャリアにおいて、18世紀から19世紀の作品を積極的に取り上げてきており、知られざる作品を演奏するだけでなく出版も行ってきました。そのような活動をしてきた彼女にとって今回の作品を録音したことはまさにライフ・ワークの一環といってもよいでしょう。

ドゥシーク(母親と妻はハープ奏者)とルイ・ティルー(フルート奏者)以外は自身もハープ奏者として活躍した作曲家たちの作品から構成された選曲となっており、とはいえ前出の2人も楽器には精通していたこともあり、ハープを活かしたその作品は、それぞれの作曲家の個性が楽しめる聴き応えのあるものになっています。
東京エムプラス


品番:CAL2187
レーベル:Calliope
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2021年06月21日

《曲目》
ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(1760-1812):ハープとピアノのための二重奏曲
フランソワ=ジョゼフ・ナーデルマン(1781-1835)&ジャン=ルイ・テュルー(1786-1865):フルートとハープのための夜想曲
ロベール・ニコラ=シャルル・ボクサ(1789-1856):フルートとハープのためのグランド・ソナタ第2番
マルタン=ピエール・ダルヴィマール(1772-1839):ハープとピアノのための二重奏曲

《演奏》
カトリーヌ・ミシェル(ハープ)
モニック・ブーヴェ(ピアノ)
フィリップ・ピエルロ(フルート)

《録音》
1994年
マルメゾン城、リュエイユ=マルメゾン(フランス)

Au temps de Napoleon & Josephine
Catherine Michel, Monique Bouvet, Philippe Pierlot

Barcode: 650414902980