コンテンツにスキップ

絞込

アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)

世界のトップ・ピアニストのひとりであるアンジェラ・ヒューイットは、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア全土でリサイタルを開催し、主要オーケストラと共演しています。彼女のキャリアは、特にHyperionレーベルへの数多くの賞に輝くレコーディングを通じて、最高レヴェルのものになっており、バッハの主要鍵盤作品をすべて録音するというプロジェクトで特に知られ、「現代のレコード界における栄光のひとつ」と評されています。彼女の膨大なディスコグラフィーには、バッハ以外にも、クープラン、ラモー、スカルラッティ、ベートーヴェン、ショパン、シューマン、リスト、シャブリエ、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、メシアンの作品、そしてモーツァルトとシューマンの協奏曲が含まれ、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」、「ゴルトベルク変奏曲」、「6つのパルティータ」は、イタリアの銘器ファツィオリを使用した再録音も行われています。