コンテンツにスキップ

ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11/J.S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV.903、パルティータ 第6番ホ短調 BWV.830(エヴァ・ポブウォツカ)

¥1,980
SKU 5906395034055 / NIFCCD054

発売:2018年03月

入荷時に通知する

ポーランドのショパンとバッハ弾き。
ポブウォツカの80年代ワルシャワ・ライヴ!

1980年の第10回ショパン国際ピアノ・コンクールでの入賞とマズルカ賞受賞の実績を持つ、現代のポーランドを代表するピアニストの1人であるエヴァ・ポブウォツカ。母国ポーランドでは2005年のショパン国際ピアノ・コンクールでは審査員を務め、ここ日本では、第6回仙台国際音楽コンクールの審査員、音楽大学の客員教授として招聘されるなど、世界各地で幅広く活躍してます。ポブウォツカの60歳を記念し、その功績を称える形でNIFCからリリースとなるアニヴァーサリー・アルバムは、代名詞でもある「ショパン」と「J.S.バッハ」の80年代の秘蔵音源!ポブウォツカの80年代、若かりし日のワルシャワ・ライヴは、師であるタチアナ・ニコラーエワやコンラート・ハンゼンの影響、さらにはポーランド有数のバッハ弾きと称される所以をじっくりと聴かせてくれることでしょう。もちろん、コルト&ワルシャワ・フィルとのショパンの「ピアノ協奏曲第1番」も要注目の演奏です!
東京エムプラス

品番:NIFCCD054
レーベル:NIFC
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2018年03月下旬

《曲目》
ショパン:
ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11
J.S.バッハ:
半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV.903
パルティータ第6番ホ短調BWV.830

《演奏》
エヴァ・ポブウォツカ(ピアノ)
カジミエシュ・コルト(指揮)
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団

《録音》
ライヴ:1984年12月17日、ワルシャワ・フィルハーモニー(ショパン)
1985年2月5日、ワルシャワ・フィルハーモニー(J.S.バッハ)

Chopin, J.S.Bach
Ewa Poblocka