コンテンツにスキップ

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番~第3番(カミラ・シャッツ)

¥2,600
SKU 4260052382547 / ARS38254

発売:2020年10月

こちらのレーベルはお取り寄せにお時間をいただく場合がございます。

入荷時に通知する

スイスの名ヴァイオリニスト
カミラ・シャッツが弾くベートーヴェン!

カミラ・シャッツはソリストとして、ベルリン・フィルハーモニー、スイス・ロマンド管弦楽団、バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団、ベルリン交響楽団、チューリッヒ室内管弦楽団、ノーザン・シンフォニアなど一流のオーケストラとの共演経験を持つ、スイスの名ヴァイオリニスト。ベートーヴェンが師のサリエリに献呈した作品12のヴァイオリン・ソナタ(3曲)をメインに、「フィガロ変奏曲」を収録。歌心と洗練を併せ持つ快演です。
東京エムプラス

品番:ARS38254
レーベル:Ars Produktion
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2020年10月中旬

《曲目》
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番 op.12
モーツァルトの歌劇 「フィガロの結婚」 の 「もし伯爵様が踊るなら」 による12の変奏曲 ヘ長調 WoO40

《演奏》
カミラ・シャッツ(ヴァイオリン)
ベンジャミン・エンゲリ(ピアノ)
使用楽器:スタインウェイ D Nr.530330(ピアノ)

《録音》
2016年12月、ラジオ・スタジオ1(スイス、チューリッヒ)

Beethoven: Violin Sonatas
Kamilla Schatz, Benjamin Engeli