コンテンツにスキップ

NIFC ~ ショパンがおすすめする音楽

ショパンにとって、J.S.バッハの音楽は、自身の作曲活動やピアニストとしての完成度を高めるためのモデルであり、基準でもありました。ショパンは《平均律クラヴィーア曲集》の前奏曲とフーガを弟子たちに勧め、自らも演奏を楽しみました。 ショパンとバッハの解釈で高く評価され、ポーランド国内外の評論家から最高の評価を受けているエヴァ・ポブウォツカを起用し、カワイのモダン・ピアノを用いて第1集を初めて録音しました。